3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「酒肴屋かわむら」(天満橋・天満一) で 至福の時を過ごす
2008年12月28日 (日) | 編集 |
※酒肴屋かわむらさんは、天満二丁目の方にお引越しされております。

IMG_3091-convert.jpg


11月12月は何とか一度ずつかわむらさんに訪問できました。

11月に飲み友達の女子を連れ、初めて2人で訪問。

そして12月は急遽、伊戸川さんと飲むことに決定。

びっくりさせようと思って、「今回は女性じゃないです」とだけかわむらさんに告げて訪問です。

IMG_3092-convert.jpg
飛露喜 特別純米かすみざけ初しぼり(福島・廣木酒造本店)。甘い感じがやや強いかな?

あたごのまつ 限定純米吟醸うすにごり本生(宮城・新澤醸造店)。わたくし全然気づきませんでしたが、伊戸川さん、かわむらさんともおかしい箇所に気づいてはったようで、やっぱし違うなあと感服した次第。

IMG_3095-convert.jpg
白子がすごいです。

IMG_3096-convert.jpg
お豆腐

IMG_3097-convert.jpg
お酒はここから燗で。菊姫 本仕込純米10BY(石川・菊姫酒造)。「このは」で古酒に目覚めたきっかけがこのお酒。

IMG_3098-convert.jpg
フグ~

IMG_3099-convert.jpg
黒帯 堂々 山廃純米(石川・福光屋)。酸が印象的ですね。

IMG_3101-convert.jpg
天狗舞 石蔵仕込山廃純米(石川・車多酒造)。酸とかうまくまとまってる感じで。

IMG_3103-convert.jpg
鴨~

IMG_3104-convert.jpg
眞澄 純米吟醸 山廃造り(長野・宮坂醸造)。

IMG_3106-convert.jpg
これ、初訪問したときにも食べて美味しかったので、久々にめぐり合えてうれしかったです。

IMG_3107-convert.jpg
醸し人九平次 純米吟醸 火と月の間に(愛知・萬乗醸造)。やさしい感じです。

IMG_3109-convert.jpg
さくさくです。

IMG_3110-convert.jpg
これがやばいくらいに美味しいです。からすみとクリームチーズ、これ食べちゃうと酒盗とクリームチーズはもう食べられません(言いすぎ?)。

IMG_3111-convert.jpg
南部美人 特別純米酒(岩手・南部美人)。

IMG_3113-convert.jpg
締めはこれでなくちゃ。

IMG_3114-convert.jpg
かわむらさんが、これもアイスに合うと、玉川 Time Machine(京都・木下酒造)を少し味見させてくださいました。寛文の雫的な、あれですね。合いますよね~

普段は「4品・4杯」できめるわたくしですが、目一杯食べて飲んでゆったりした時間を過ごせました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


(※11月のかわむらさんでのお酒たち)

IMG_2866-convert.jpg

IMG_2874-convert.jpg



「酒肴屋かわむら」 
大阪市北区天満1-7-16 東方マンション1F
06-6354-1168
11:30~13:30ぐらい(土・日・祝ランチ休)
18:00~24:00ぐらい
不定休
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。