3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 辨天娘と鷹勇(鳥取) へ 蔵見学
2008年02月19日 (火) | 編集 |
08021700IMG_0545_convert_20080219224227.jpg


そういうわけで、「蔵朱」さんの企画で鳥取へ蔵見学に行くことができました。
早朝からバスに乗って向かいます。

08021701DVC00064.jpg

この日は、この冬一番の雪ということで、道中とんでもない雪景色です。大阪から2時間も車走らせればこんな景色があるのね。新鮮でした。

08021702DVC00060.jpg

ということで、弁天娘(辨天娘)の太田酒造場さんへ。すげえ雪。

08021703IMG_0523_convert_20080219223951.jpg

温かいお迎えです。

08021704IMG_0541_convert_20080219224809.jpg

奥が蔵へと続いています。

08021705IMG_0549_convert_20080219224306.jpg

中島杜氏の説明で蔵見学です。梅の宿とかで大きめの設備を見たくらいしかないので、そのコンパクトさに驚きました。

08021706DVC00063.jpg

08021707DVC00062.jpg

発酵中。

08021708IMG_0531_convert_20080219224122.jpg

08021709IMG_0530_convert_20080219224047.jpg

試飲もさせていただきました。総じて燗にした方が好きですね。

08021710IMG_0538_convert_20080219224143.jpg

お作りになられているキュウリと大根の奈良漬。

今年は純米等をタンク12本作られるようですが、買うのは全国各地の人。地元の人が買うのは普通酒だけどそれは自家醸造ではないお酒。ちょっと複雑な気持ちです。


08021711DVC00057.jpg

08021712DVC00042.jpg

バスでゆられ、鷹勇の大谷酒造さんへ。うってかわって規模の大きそうな感じです。

08021713DVC00046.jpg

08021714DVC00045.jpg

酵母がぷくぷくしています。

08021715DVC00041.jpg

酒母育て中。

08021716DVC00039.jpg

麹もいます。

08021716DVC00037.jpg

曽田杜氏から麹米を少し味見させてもらいます。

08021717DVC00033.jpg

ヒオチ・・・やはりおそろしいんですね。「もやしもん」世代なものですいません。

読んでた本には仕込みは普通4日かけて行うとあったのですが、ここでは2日、忙しい時期は1日で仕込みをしてしまうようなことを曽田杜氏はおっしゃっていたのですが、そういう造りもあるんだなあと勉強になりました。

08021718DVC00024.jpg

最後は蟹鍋で宴会です。ブレンダーな方たちがいろいろブレンドされてます。

08021719DVC00023.jpg

やっぱり雑炊がいいですね。

へろへろになりながらも、なんとか大阪に帰還できました。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。