3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「佳酒真楽やまなか」(大国町) で 梵
2008年12月16日 (火) | 編集 |
IMG_2961-convert.jpg
(写真はやまなか酒の店です)

職場からは少し遠いので、やまなかさんにはなかなか行けなかったのですが、一緒に行ってくれる人がいましたので行ってみました。やまなか酒の店の4階にあります「佳酒真楽やまなか」さんです。

入ると、おじ様組が二組だけでこの日は結構落ち着いてました。おかげでお店の人ともお話できます。

・・・よく見ると、蔵朱さんとこの蔵見学で一緒になった方じゃあありませんか。人の顔がおぼえられないわたしも、若上司に結構似ていたので覚えてました。

聞けば、まゆのあなから異動でこちらにこられたとのこと。翌日かむなびに行くんですよー、と言うと伊戸川さんによろしく伝えてくださいとのこと。

・・・伝え忘れてた。


ということで、お酒をチョイスしてもらいます。

IMG_2940-convert.jpg
・梵 純米大吟醸「艶(つや)」(福井・加藤吉平商店)。-5度で一年寝かした長期氷温熟成。クリアな飲み口からやや濃厚なわたしの好きな甘さが来ました。
・東洋美人純米吟醸372(山口・澄川酒造場)。蔵近くの372番地で取れた山田錦を使用だとか。綺麗めな中にぶどう的酸な感じ。

IMG_2944-convert.jpg
突き出し

IMG_2945-convert.jpg
お造り

IMG_2946-convert.jpg
・奥能登の白菊 純米酒八反錦(石川・白藤酒造店)。アタックの酸の余韻が続きます。
・特別純米 東北泉(山形・高橋酒造店)。裏ラベルに括弧書きで(純米吟醸)と書くのはやめて下さい(笑)。最初に飲んだ梵に似た味わいでした。

IMG_2950-convert.jpg
味どりの治部煮風

IMG_2951-convert.jpg
これなんだったっけ・・・

IMG_2952-convert.jpg
・丹沢山 純米吟醸しぼりたて生16BY(神奈川・川西屋酒造店)。切れが独特、独特としか・・・。
・旭菊 綾花 特別純米瓶囲い(福岡・旭菊酒造)。うまいよなあ。

IMG_2955-convert.jpg
たらこの燻製

IMG_2956-convert.jpg
三井の寿(みいのことぶき)五年円熟山廃純米(福岡・井上)。ああもうメモってない・・・。全然関係ないですが、三井の寿を見るたびに「安西先生・・・」と言いたくなるスラムダンク世代でございます・・・。

IMG_2959-convert.jpg
みりん、好きですねえ。


一人でもしっとり飲めそうな気がしますが、ここは二人でやるのもいいですね。ちょっと遠いんで、なかなか行けないと思うけど。


「佳酒真楽(かしゅしんらく)やまなか」 
大阪市浪速区敷津西1-10-19 山中酒の店4F
06-6635-3651
17:30~22:30 
日・祝休
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは~

ご無沙汰しています。
いや~先週は忙しかった・・・

やまなかさん、美味しかったですね~
私は家からもそんなに遠くないので
これからはたまにお邪魔しようと思ってます!

「これなんだっけ?」というのは
「白子」じゃなかったですっけ?
2008/12/21(日) 23:29:09 | URL | keikopan #-[ 編集]
keikopanさん

お疲れ様です~!
そうか、白子でしたっけね!すっかり忘れてました~

落ち着けていいですよね~
2008/12/22(月) 12:19:08 | URL | きゅー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。