3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「馳走いなせや」(京都・三条柳馬場) で 一博
2008年11月27日 (木) | 編集 |
京都に行きたい店がありましてね、ブログのネタ的にも丁度いいかと思いまして、京都に行ったときに電話したんですよ。

残念ながら満席でして、まあそれはいいんですが、電話をガチャン!!と切られましてね・・・。

ダメなんですよね。

それだけで出場停止処分をくだすこともあるわたくしです。

ということで困りました。さあ、どこにいこうか。


そういえば、東京のお酒仲間が言ってた「いなせや」が近かったはず、と思い電話したところ、どうやら入れそうです。

そそくさとお店に向かいます。

IMG_2731-convert.jpg
「馳走いなせや」さんは、今年の春くらいにオープンしはったんですよね確か。

カウンターに座ると、ダンディーなおじさまがお相手してくれます。後で調べたら、行きたかったけど訪問できないままに終わった「夢庵」の店主のかたでした。女性にも美容効果を押し出してうまく日本酒のアピールをされています。

IMG_2738-convert.jpg
突き出しです。

IMG_2733-convert.jpg
月の桂 純米「みずたき」(京都・増田徳兵衞商店)。いなせやさんのウリは鶏ですので、鶏の鍋料理に合うようなお酒だとか。ドライめな飲み口の後に香ばしい甘さがぐっときます。

IMG_2742-convert.jpg
一博 特別純米無濾過生(滋賀・中澤酒造)。かすかに舌にくる酸とフルーティな甘さが心地よいです。

IMG_2745-convert.jpg
玉川 大吟醸(京都・木下酒造)。大吟醸ですが、しっかりした甘味と酸味がしますね。

IMG_2747-convert.jpg
つくね鍋もおいしいです。

IMG_2748-convert.jpg

招徳 純米生酛無濾過生(京都・招徳酒造)。甘味のベースに酸が上乗せされてるって感じです。遠目で見たとき、ラベルが竹鶴に見えました(笑)


ここは、落ち着いているし、デートとかで行くといいんじゃないかな。なんかそんな気がします。まあわたしは1人でも行きますが(笑)


「馳走いなせや」 
京都市中京区三条柳馬場上ル油屋町93
075-255-7250
11:30~14:00 17:00~22:30 
不定休
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。