3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「たったまんま」(枚方・香里園) で 香里園
2008年11月13日 (木) | 編集 |
※香里園の「たったまんま」は閉店いたしました。門真の方は・・・ちょっとよくわかりません。

「きゅーの心の旅」シリーズつながりで恐縮ですが、わたくしには「姉」みたいな存在の人がいまして、その方がママをしている立飲み屋さんが京阪・香里園駅近くにあります。

「たったまんま」という、まあ、大人のガールズバー(注:わたしが勝手にそう呼んでるだけです)みたいなそんな立飲み屋さんです。

諸事情がありてしばらくは行かなかったのですが、半年くらい前から、たまーに顔を出すようになりました。いろいろ悩み事などを聞いてもらったりしてるので・・・。

先日は3周年を迎えたということで、地元の飲み友達な姐さんとお祝いに行きました。

仕事帰りに山長梅田店に行きまして、秋鹿の純米吟醸手造限定五千本を携えての訪問です。

IMG_2776-convert.jpg
なんかすごいな・・・。

オーナーの方もこられてて、みなさんに挨拶されてました。

まずはビールをもらって、

IMG_2777-convert.jpg
おでんとか

IMG_2782-convert.jpg
ブリとかちょこちょこ食べてたんですが、「姉」に「これおいしいよ!」と言われたので、日本酒に移行。

IMG_2781-convert.jpg
香里園?

ラベルをよく見ます。・・・ほう、片野桜の山野酒造さんのプライベートブランドか!なるほど理解できました。ラベル裏によると、五百万石の精米歩合53%、酵母は9号系とのこと。
発売元は太田酒店さんとなっております。どこかのブログで最近「太田屋」さんと名前も変わって移転されたとか見たような気がするけどその酒屋さんかな・・・。

芳醇とはよく言ったものです。濃い甘旨感が好きな感じです。これが1合450円(たぶん)はまさに立飲みの醍醐味価格です。

「姉」が「あたしにも飲ませろ」というので、一杯おごります。食べ物も飲み物もとてもお安いんだから、酒もすすんでおごるべき。大人のガールズバー(注:繰り返しますが、わたしが勝手にそう呼んでるだけです)たるゆえんです。

いやほんと安いですよ。おでん・串揚げは全部100円だし、一番高いであろう食べ物のカマ焼は350円だけど店員さんにジャンケンで勝つと180円になるし。ちょっと雑然としているところは気になりますが、これが居心地の良さと思えば悪くはないかな。

IMG_2783-convert.jpg
で、もう一杯は緑川(新潟・緑川酒造)を久々に。純米です。開封したてなんでちょっと評価しにくいかな。酸が目だっていた印象は強いです。そんなに減ってないだろうから、そろそろいい感じになってるかもしれません。

IMG_2787-convert.jpg
店員さんショット。

IMG_2789-convert.jpg
あ、「姉」もちょっと写ってますね。


気になる方は、ちょっと寄ってみられてみてはいかがでしょ。



(特別企画:「姉」との日本酒ゴーアラウンド(注:10/1のイベントではありません)の模様)

IMG_2390-convert.jpg
まず「蔵朱」。今シーズン初の竹鶴の生酛です。

電話をしましたが「かむなび」「よしむら」ともども満員。なので一気に「日本酒ウサギ」へ。

IMG_2395-convert.jpg
ただ飲んでるだけでなく、「姉」はしっかりきくちゃんを観察しておりました。

IMG_2398-convert.jpg
で、補助席があいた「よしむら」へ。お酒に詳しい某兄さんが「姉」を気に入ってはりましたね。



「たったまんま」 
大阪府枚方市香里新町9-6
080-6157-3934
17:00~23:00 
日・祝休

(補足)よく拝見させていただいてるくろくろさんのブログ「あしたも飲むねん」には門真の「たったまんま」が紹介されておりますけれども、香里園が本店で、門真は暖簾分けされた店という位置付けだそうでございます。「姉」が言ってるんだから間違いない(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。