3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「味酒かむなび」(谷五) で 大門酒造さんとこのお酒
2008年02月16日 (土) | 編集 |
080215IMG_0570_convert_20080216211734.jpg


木漏れ日のそそぐカウンターに、安息の時間は訪れるわけです。

・・・それにしてもタイトル長いよ。

ということで、またしても「味酒かむなび」さんに行ってきましたよ!

常日頃、食べ物・お酒・サービスや雰囲気等の居心地の評価軸でお店の好き嫌いを感じるわたしですけれども、やはりすごいよなあと思うわけです。ここは。

付きだしは、サトイモ?とタコの煮物ですが・・・食べちゃいました(笑)


でまあ、ウェルカムは「にごり、しゅわしゅわあればなおよし」のオーダーに
道灌 純米活性にごり酒(滋賀・太田酒造)を。がんばって奥さんが開栓してましたが、悲惨なことにならなくてよかったです。

080215IMG_0562_convert_20080216212358.jpg

平目の昆布締めはねっとりしてエロスですなぁ。

080215IMG_0565_convert_20080216212331.jpg

安楽島カキ天ぷら。衣との一体感がいいですなぁ。

080215IMG_0566_convert_20080216211842.jpg

鶴齢 特別純米山田錦(新潟・青木酒造)です。大阪にはなかなかなくてねえ。去年本間さんとこで買ったのを思い出しつつ飲みました。

080215IMG_0569_convert_20080216212253.jpg

馬頭鯛と根菜の飛鳥煮。奥さんが思案してひとこと、

「カリフラワーって根菜?」

ということで今後は「根菜等」となっているかもしれません(笑)

080215IMG_0571_convert_20080216221508.jpg

冷たいカルボナーラ。稲庭うどんをカルボナーラ仕立てにしてますが、伊戸川さんいわく「〆に食べれる重くないカルボナーラ」を意識したとのこと。しかし、こちらは全然〆でなくてすいません。

080215IMG_0573_convert_20080216211917.jpg

大阪・大門酒造さんの酒ものがたり 純米大吟醸生10BY

これが・・・伊戸川さんが小瓶に移しておいていたものだそうなんですが、ラベルからもう実験材料って感じで。しかし、これがすごかった!

口に含んで、「ひねてないすっきりした古酒やね」という印象から一転、アーモンド的なナッツの香りが最後に抜けてくるところがもう心をわしづかみです。日本酒でナッツ系の香りを楽しめた記憶があまりなくて、楽しかったです。

紅白的に言えば、ここで第一部が終わりまして、続いてより酒飲み的な第二部へ。

080215IMG_0575_convert_20080216221618.jpg

おばあちゃんの蕪ずし

蕪と鰆です。もう酒のアテ全開。

080215IMG_0578_convert_20080216212222.jpg

安楽島カキのオイル漬

「よしむら」さんで好きになったカキのオイル漬ですが、かむなびさんのもめっちゃええ感じです。

080215IMG_0576_convert_20080216212004.jpg

竹鶴 無濾過純米生原酒(広島・竹鶴酒造)

本間さんのとこの竹鶴。わたしもリスペクトしております。

080215IMG_0580_convert_20080216212149.jpg

ゆべし

なくてはならない必須アイテム。

080215IMG_0582_convert_20080216212030.jpg

今日のゆべしとの対戦者は、伊勢H6BY本醸造限定木桶仕込(三重・タカハシ酒造)

色わかります?この飴色。いいですよね。飲み口がすっとはいって甘さ上品。ゆべしともいい戦いをしてくれました。

080215IMG_0583_convert_20080216212052.jpg

デザートには、紅玉のグラタン酒粕タード。

これはやばいです。紅玉の酸味と酒粕タードの甘さのコントラストがすげえ!
酒粕にあわせる酒って確かに難しいですよね(松江で豆腐の酒粕漬がお酒と合わなくて難渋した記憶がよみがえります)。でも、伊戸川さんならきっと何かよい提案をしてくれるはず。次回が楽しみです。

080215IMG_0584_convert_20080216212115.jpg

バレンタインということで、酒粕タード入りのチョコをいただきました。やれうれしや。


他に飲んだお酒は、

奥能登の白菊 寧音純米
杣の天狗 純米吟醸木桶天秤しぼり生
菊姫 山廃仕込純米無濾過生
秋鹿 純米吟醸無濾過原酒

銀河鉄道はボーナスが出たら考えるということになりました(笑)


気がついたら23時をまわっていました。楽しい時間をありがとうございます♪

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。