3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「むてんかぼう基」(福島) で 杉錦の会
2008年07月24日 (木) | 編集 |
080716IMG_1157-convert.jpg

先日「むてんかぼう基」に寄った時に、マスターから「きゅーちゃん、けえへんか?」とお誘いを受けて、杉錦の会に参加させていただきました。基さんと此花区にあるSAKE BOXさかしたさんプレゼンツです。

ずらりと並んだお酒は壮観ですね。

左から

杉錦 生酛純米大吟醸原酒19BY
杉錦 生酛特別純米酒18BY
杉錦 山廃純米酒自然醸造19BY
杉錦 生酛純米大吟醸酒18BY
杉錦 生酛中取り純米原酒19BY
杉錦 特別本醸造
杉錦 山廃純米酒玉栄18BY
杉錦 本醸造しずく取り火入れ原酒「きんの介」
そして飛鳥山純米みりんと米焼酎才助。才助は芋のもありました。

杉錦って、例の酸っぱいので変態的イメージが頭にこびりついていましたが、こうして飲むと懐が深いというか、様々な味わいをかもし出していますね。まあわたしは素直な印象がした生酛特別純米あたりが一番好きだったわけですが。


お料理は、マスターの厳選素材で。いろいろ出ましたが、一部だけ。

080716IMG_1130-convert.jpg
かぼちゃがうまくてね・・・。

080716IMG_1136-convert.jpg
ここに来ると、鯨もほんと普通に食べられるのでうれしいです。

080716IMG_1148-convert.jpg
でもやはり、粕汁が最高でした。三杯飲みました(笑)

080716IMG_1159-convert.jpg
蔵元杜氏の杉井均乃介氏は、すぐにお休みモードになられてしまいました。せっかく意を決して話しかけたらもう寝てるんですもの。。。


とまあ、大体こういう会は許容量を超えて飲んでしまっているので、帰りはもうベロベロでございました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。