3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「酒膳ちろり」 (西中島南方) で かち鶴
2008年07月17日 (木) | 編集 |
080715IMG_1099-convert.jpg

西中島南方といえば、「和風もつ料理 あらた」が大好きなのです。
ですが、日本酒好きならここも行かないといけませんね。

080715IMG_1098-convert.jpg
「酒膳ちろり」です。

過去に一度だけ行ったことがありましたが、1人で腰を落ち着けて飲むにはちょと腰がむずむずするかなあというおぼろげな記憶だけがあります。

直接聞いたわけではありませんが、店主は「えの本」唯一のお弟子さんだとか。

突き出しの枝豆がひそかにうまかったりします。

080715IMG_1100-convert.jpg
純米大吟醸 富楼那(ふるな)袋吊り無濾過生原酒(大阪・山野酒造)。吟香はなやかで、後半から酸もきていい感じです。

080715IMG_1102-convert.jpg
お酒は150mlが基本ですが、お値段半分でハーフサイズもできます。ありがたや。

080715IMG_1103-convert.jpg
水なす。これも漬かってましたね(水なすはフレッシュな果実味を堪能したい派です)。

080715IMG_1104-convert.jpg
ここからお酒はおまかせで。
群馬泉 初しぼり純米(群馬・島岡酒造)。意外とこれに出会う率高いです。飲み口の乳酸的爽やかさからむせかえるような甘うま感とでも申しましょうか。水なすにも合いますね。

080715IMG_1109-convert.jpg
鯖スモークを。これは酒を呼びます。

080715IMG_1106-convert.jpg
袋搾り純米生原酒 かち鶴 ないしょばなし(愛媛・かち鶴酒造)。2年熟成だそうです。うまくまとまりが出てきてていいですね。これ結構好きです。

080715IMG_1113-convert.jpg
肉味噌です。朝風きゅうりとともに。

080715IMG_1110-convert.jpg
金冠黒松 協会八號酵母 純米生酒(山口・村重酒造)。ラベルからして、「え?8号酵母ってまだあるの?」と思ってしまいました。香りからして「酸い?」と思いつつ口をつけた時に感じたカラメル的甘さがすごく意外。でも、ちょっと時間を置いたらやはり酸がしっかりと感じられました。肉味噌にはばっちりです。



Yahooのクチコミ評価で雰囲気等が酷評されていたのですが、それも相性なんでしょうね。
わたしは、そんなに雰囲気悪いとは思わなかったですよ。

いやまあ、確かに店主には話しかけにくいんですけどね・・・。とりあえずスタッフのお姉ちゃんがかわいいから許す(笑)

「夫婦2人で切り盛り」的な店が好きなわたしなので、そういう意味では少し好みからずれるんですけどね。ワインなどもありますし、ここはバー的に使うのがいいんでしょうね。


「酒膳ちろり」 
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-24 第一ユーリハイツ1F
06-6305-5903
火~土 17:30~01:00(L.O.24:00) 
日・祝 17:00~24:00(L.O.23:00) 
月休

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。