3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「蔵朱」(谷四) で 奥播磨××純米
2008年02月09日 (土) | 編集 |
とりあえずは主戦場として出没するお店をご紹介するということにしまして、

一番南の「かむなび」さんから始めましたから、次は谷町四丁目と堺筋本町の間くらいにあります「蔵朱」さんを。

3週間前に今年初訪問したときのものですので、載せているお酒が今あるかはわかりませんので、そこんとこよろしくお願いします。

080122_185245.jpg

「マイドームおおさか」の向かい側にあります。杉玉がありますから見逃さずに。とんとんとんと階段をあがっていただいて右手に入り口があります(正面はイベント等、団体時に使います)。

BGMに流れる落語もいい感じです。

写真取り忘れてますが、まず、突き出しが4~5点、お重に入って出てまいります。

お酒は、わたしは基本的にマスター大西さんにチョイスしてもらいます。

080122_185902.jpg

天遊琳 特別純米から。5勺、8勺、1合と量を選べる(お燗でも)のが、お酒があまり強くないわたしにも嬉しいところです。

080122_191538.jpg

燗に移行しまして、日置桜 八割搗き山田錦。酸しっかり、温度下がってからがさらによい感じ。

080122_193332.jpg

このわた好きです。

080122_195430.jpg

そして奥播磨 ××純米17BY。これはわたしからの指名。奥播磨の燗はかなり好きな部類に入りますので、飲んでて楽しくなります。

080122_201155.jpg

蔵朱さんでメニュー見るとおわかりになると思いますが、かなり料理の種類も多いです。だって三段書きですもの!お野菜に始まり厳選素材を使われているのがよくわかります。そんな中、白子とゆりねのグラタンを。

080122_201902.jpg

濃い目のお酒がほしいところに、マスター大西さんのチョイスはひこ孫純米の燗。これがまた濃いのなんの。グラタンの濃さとうまくマッチしております。


初めて蔵朱さんを訪問したのは平成18年の夏頃ですが、日本酒好きとしてよちよちながらも一人歩きを始めることになる契機となったような気が、今思うとするわけですね。そんな意味でもありがたい存在に思っています。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。