3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自宅 で 東京駅
2008年04月13日 (日) | 編集 |
080407IMG_0260_convert_20080413121521.jpg


4月の家酒は、はせがわ酒店で買った

純米吟醸 「東京駅」(東京・野崎酒造)です。はせがわさんのPBですかね。

野崎酒造さんは、喜正という銘柄が主力みたいで、キャップにも「喜正」と入っています。

初めてグランスタ店に行ったときに店の人が出してくれたのがこれで、一杯目にはいい感じでしたが、やはり家で飲むと味がわかりませんでした。困った。。。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
風味が変わる要因
はじめまして、きゅーさん

以前に私も気になった事の有るのと同じ内容でしたので、ちょっとコメントさせて戴きます。

まず、味の事を、香りを含めて「味」=「風味」と言われていると仮定してお話させて戴きますが、私の経験では、家のどの場所で飲むかによってですら風味の感じ方が変わるように思います。

家と言うのも均一な空間ではなく、様々な物理的要因等で微小な気圧差等が生じ、気圧傾度による微視的な気流が起きていますので、恐らくはそうした気流等の関係で、香りが感じ易い場所とそうでない場所が有るように思われます。

また、飲む時の姿勢によって風味の感じ方が変わるようです。
飲食店と家とでは飲む姿勢が違うのは当たり前ですし、空間として同じ場所でも、座って飲むのと立って飲むのでは感じる風味が変わったりします。イスとテーブルの高さの関係によって、顔の角度が変わることも関係している場合が有るようです。

その他、家庭内の音の影響や照明の強さ等も影響するようですが、それ以上に上の2つは効いているように思われます。

酒器の形状や温度が味わいなどの官能に強く影響を与える事は知られていますが、上述のような事は言っている人が少ないのではないかと思いまして・・・
参考にしていただけましたら幸いです。

因みに私の家は幸いにしてテイスティングやお酒を飲んで楽しむのに適した場所が多いようです。
学生時代を過ごした実家では、キッチンの一角だけがベストポジションでしたけど・・・。
2008/11/18(火) 05:52:37 | URL | オサケン #nJ2SAN/6[ 編集]
オサケンさん、はじめまして。

そう感じられる方がいらっしゃってほっとしています。だってだれもわかってくれなかったんですもの・・・。

少なくともわたし(実家住まい)がいつも食事するポジションでは香り・含み香も含めた味が開封したてなのにあきらかにダメなのです。。。自宅内で美味しく飲める位置をみつけないといけませんね。
2008/11/18(火) 20:36:20 | URL | きゅー #-[ 編集]
実家住まいでしたら…
こんばんは、きゅーさん

実家ですと、あまりこだわりのスタイルを全面に出すとご家族の風当たりが強くなるかもしれませんね。

いっそのこと、ワインのテイスティング・グラスじゃないですが、御実家に適した少し香りが篭るタイプのグラスを探す方が楽かもしれませんね。

外飲みだけでなく家飲みでも楽しめるように頑張ってください(^-^)
2008/11/18(火) 22:50:02 | URL | オサケン #nJ2SAN/6[ 編集]
オサケンさんこんばんは。

そうですよね、グラスによって全然変わってきますもんね。

家だと保存がネックになりますが、追々考えていきたいと思います!
2008/11/20(木) 22:07:48 | URL | きゅー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/01(水) 17:05:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。