3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「味酒かむなび」 で たてのい
2008年03月30日 (日) | 編集 |
080315IMG_0032_convert_20080329114221.jpg

と、いうわけで、飲み友達と「味酒かむなび」に行った時のものを載せましょうか・・・。

080315IMG_0036_convert_20080329114547.jpg

0杯目は常陸野ネストビールを。ラベルがかわいいです。

080315IMG_0039_convert_20080329114645.jpg

お造りを盛り合わせで。

080315IMG_0040_convert_20080329114735.jpg

本シシャモです。カペリンと比べるととても高いんですね(当たり前だ)。

080315IMG_0041_convert_20080329114832.jpg

賀茂金秀 純米吟醸雄町50 中採り(広島・金光酒造)。おだやかで一杯目にいい感じです。

080315IMG_0045_convert_20080329115030.jpg

凱陣のKU16純米無濾過生(香川・丸尾本店)。凱陣は安定してうまいですわぁ。

080315IMG_0049_convert_20080329115125.jpg

厚揚げ。

080315IMG_0050_convert_20080329115212.jpg

そして来ましたよ、たてのい純米吟醸生(秋田・沼舘酒造)。ただただうまいと。好みにどんぴしゃです。

080315IMG_0052_convert_20080329115313.jpg

合鴨と太ごぼうの炊いたん。

080315IMG_0053_convert_20080329115409.jpg

納豆とゴーヤチャンプルー。調理中の匂いがすごいのですが、できあがると全然そんなことはございません。

080315IMG_0054_convert_20080329115504.jpg

鷹長の菩提酛純米16BY(右)と菩提酛純米生17BY(奈良・油長酒造)。「風の森」でも有名な蔵ですね。良い感じで甘みがでてます。

菩提酛とは、奈良の菩提山正暦寺でできた製法らしく、寺参りも好きなわたしとしては正暦寺にも足を運ばねば、と思う次第です。

080315IMG_0059_convert_20080329115607.jpg

塩豆。

080315IMG_0060_convert_20080329115651.jpg

カキの太白油漬はやはりはずせません。

080315IMG_0061_convert_20080329115743.jpg

梅乃宿 大吟醸袋づり生原酒「雫」8BY(奈良・梅乃宿酒造)。熟したうまさがよいですね。

080315IMG_0066_convert_20080329115925.jpg

稲庭饂飩の冷たいカルボナーラ。


この他に飲み友達が飲んだのを味見させてもらったのは、


篠峯のもろみ酒(奈良・千代酒造)
秋鹿 特別純米槽搾直汲生(大阪・秋鹿酒造)
隆 純米吟醸雄町生(神奈川・川西屋酒造店)
純米吟醸 どすこい誉(三重・森喜酒造場)


でした。ほんと「かむなび」はなごみます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。