3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「靭本町 がく」(靭本町)の空気感は心地よし
2014年03月22日 (土) | 編集 |
「あまから手帖」2014年2月号和食特集関連が続いておりますが、今回もその一環と
なっております。「靭本町 がく」さんに訪問した次第です。

s003-IMG_1644.jpg
靭公園の南側にある静かなエリアに店を構えております。近くには「カンテ・グランデ」の
靭公園店のレトロな建物もございますね。中に入るとゆとりのある落ち着く空間が
広がっております。

s003-IMG_1645.jpg
日本酒については、日本酒居酒屋ほどの揃えを期待しては酷ですけれども、おまかせ
でお願いできるくらいはありますので、問題ないですよね。今回は、冷たいのは
宝剣と紀土をいただきました。年配の品のある女性(大女将?)が瓶も持ってこられて
見せてくださいました。わたしは過去に、とある店で、頼んだ日本酒と別のものを
しれっと出されたことがありますので、何も見せてくれないところには不信感を
持ってしまいがちですので、こういう配慮はありがたかったです。

s003-IMG_1664.jpg
お燗ははなぶさを出してくれました。こちらは店主がほいと瓶を置いてくれたので
写真も撮らせていただいた次第。

s003-IMG_1648.jpg
お料理の方ですが、突出しが出た後に、節分の時期を感じさせるひと品。

s003-IMG_1650.jpg
お造りは分けて出てきました。まずは明石鯛とさより。

s003-IMG_1651.jpg
たいらがい

s003-IMG_1653.jpg
太刀魚炙り

s003-IMG_1655.jpg
よこわ

s003-IMG_1657.jpg
白子の葛豆腐のお椀です。お椀好きやわ~

s003-IMG_1660.jpg
もろこ木の芽焼き

s003-IMG_1670.jpg
鰆泡蒸し、のれそれと出た後に、メインのお肉です。あとはご飯もの、デザートとと頂戴いたしました。

土曜日はお子様連れも個室でいただけるそうなので、是非行ってみられるのもよいかなあと思います。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。