3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「鮨処 多田」(北新地)は日本酒好きにもうれしいところ
2013年05月22日 (水) | 編集 |
時は2009年3月。お知り合いになった日本酒女子と「赤垣屋」「よらむ」と
はしごしたわけですが(過去の記事ご参照)、

その後、その方が「多田」さんの常連さんで、是非行きましょうという
お誘いをいただいたものの、日程調整が合わないまま結局わたしは東京へと
転勤したのでございました。その日本酒女子とも連絡が取れなくなり、
わたしの中では「多田」さん訪問の機会はないものと考えていたところで
ございました。

しかしながら、新しいご縁ありて、訪問することができたのでございます。
ありがたや…。

s002-IMG_1863.jpg
ということで、「鮨処 多田」さんです。

日本酒を頼もうとしましたら、どのような感じのがお好みかと
聞いてくださったので、きれいめのものからと委ねてみまして、
仁井田酒造のPB「田村」とか、「飛露喜」をいただいておりました。

s002-IMG_1865.jpg
そして噂のタイガース玉子焼です。この日は阪神は勝っていましたので
大将もごきげんなご様子。

でまあ、団体さんが帰られたので、他にお客さんがいなくなったタイミングで
大将がまだまだ日本酒はありますよといわんばかりにいろいろ出してきて
くれました。

s002-IMG_1869.jpg
壮観ですね…。で、気になったのは、直前にいろいろ聞いていたこいつ。

s002-IMG_1872.jpg
ソガペールエフィスの「ヌフ」、9号酵母のやつです。1~7号、9号酵母の
シリーズものの一つですね。そういう話をしていましたら、大将にやりと、
6号、7号も見せてくれました。どんだけ日本酒ストックしてんねやろ…。

s002-IMG_1879.jpg
最後は、磐城壽の「GINTAGE」。2011というのが、胸にぐっときました。



※他にお客さんがいなかったりしまして、運よくお写真を撮らせていただけることが
できました。ありがとうございます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。