3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「むてんかぼう基」(福島) で 七田
2008年03月20日 (木) | 編集 |
※「むてんかぼう基」は閉店いたしました。

080307IMG_0539_convert_20080320193256.jpg

ということで、送別会の帰りに飲みなおそうとタクシー走らせやってきたのは福島の「むてんかぼう基」さんです。

丁度お帰りの時間帯のようで、カウンターに滑り込むことができました。

080307IMG_0540_convert_20080320193340.jpg

しゅわしゅわ系が飲みたくて、七田 純米おりがらみ(佐賀・天山酒造)から。甘さは控えめに感じられました。よろしいですなぁ。

080307IMG_0541_convert_20080320193358.jpg

勢いでお造り盛り(小)を。ヨコワ、ヒブダイ、グレ、イトヒキアジ、清水サバ。土佐清水からの入荷です。

080307IMG_0542_convert_20080320193417.jpg

勢いで飲みます。富久長 特別純米八反草本生(広島・今田酒造本店)。すっきりした感じですがちょっと独特でした。

080307IMG_0543_convert_20080320193437.jpg

苗加屋(のうかや) 純米吟醸無濾過生(富山・若鶴酒造)。少し時間を置いたらバランスよく甘さが出て好きな感じになった気がします。

080307IMG_0544_convert_20080320193457.jpg

アテがなくなったのでチーズ味噌漬けを。

080307IMG_0545_convert_20080320193516.jpg

カレーが品切れとのことで、めんたいパスタで〆。さすがに宴会の二軒目ですのでお腹一杯になりました。

カウンターのお客さんの中に、もろわたしの地元の方がいらっしゃって、ローカルな話が妙に新鮮でした。


基さん、いいお店ですが、これからどういう方向を目指すのか、そのあたりにも注目したいところです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。