3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「酒 兵吾」(難波千日前)で昼酒
2012年06月04日 (月) | 編集 |
いやあ、まさか先にmeetsに書かれるとは思ってなかったわ(笑)

ということで、悔しいけど後追いで書いちゃう「兵吾」さんでございます。
立ち飲み屋さんです。

s002-IMG_9215.jpg
休日の昼過ぎにぷらぷら千日前界隈を歩いていましたら偶然「風の森」の文字を
見つけまして、中入ったんですが、今外出してますって置き手紙がありましたので
しばらく散歩してから入りました。

s002-IMG_9218.jpg
でまあ、一品とお酒のセットがありましたんでそれにしました。日本酒は「風の森」の
秋津穂と雄町の2つだけとのことで、まずは秋津穂から。

s002-IMG_9221.jpg
一品は、店主も「何にしようかな」といいながらのこれ。鯛のうにまぶしでしたっけ?
つまみながら店主とお話ししつつ飲みまするのです。

背後に「愛酒でいと」の張り紙あったんで、チケットかえますのん?と聞きましたが
「いやあ、うちにはチケットまわってないんですわー」と明るい店主の声。ここで買えてたら、
チケット買いそびれることもなかったんですよね・・・くぅう(>_<)

s002-IMG_9222.jpg
で、雄町が丁度口開けでしゅわしゅわ感満載で飲める僥倖に感謝しつつ、もう一品追加で
カツオのたたきをいただきます。

風の森好きなわたしとしては、いいコンディションで飲めるのがうれしいですよね。

この日はたまたま早めに開いていましたが、普通は2時くらいに開店するみたいなので、
もう少し早く開いてくれると昼酒するのにさらにうれしいなあ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。