3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「蔵朱」(谷四)でお燗三昧
2012年04月16日 (月) | 編集 |
かむなび、よしむらと来たら、次はもうお分かりですね。

s002-IMG_9018.jpg
そう、「蔵朱」でございます。傘があるのでお客さん多そう~と思いつつ階段をあがります。
先客は4名さん。カウンターはにぎやかです。

s002-IMG_9020.jpg
お酒は委ねます。まずは天穏の生酛純米無濾過生原から。

s002-IMG_9021.jpg
お通し盛りです。

s002-IMG_9024.jpg
マンボウの腸。やっぱり食感が楽しいです。

s002-IMG_9025.jpg
辨天娘 純米生原酒槽しぼり中垂れ

s002-IMG_9028.jpg
ここからお燗で。庭のうぐいす特別純米

s002-IMG_9031.jpg
日置桜「穿」20BY。

s002-IMG_9033.jpg
ほたるいかと筍と・・・。春ですねえ。

s002-IMG_9034.jpg
昇龍蓬莱の純米吟醸阿波山田錦55。

s002-IMG_9036.jpg
ホタテとアスパラのグラタン・・・だったかな。グラタン好きなので、お燗と楽しむのが好きです。

s002-IMG_9037.jpg
山陰東郷の生酛純米原酒。強力です。


いつのまにか先客さんも帰られ、しばらくお燗とお話しをゆっくり楽しんでおりました。

ちょうどよい酔い加減の時に、日本酒ワールドのチケットを買われてそのまま
飲まはるお客さんが来られたので、わたくしはそろそろおいとま。

大阪はいいなあと、帰り道ふらふらしながら思うわたくしでございました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。