3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東京カウントダウン(Final Round) ~ 「玉寿司」(中井)
2012年04月05日 (木) | 編集 |
東京最後の夜は、燃え尽きるまで飲めるように、玉寿司さんで決まりです。

s002-IMG_8877.jpg
この日は部屋の明け渡し後、空港近くまで行ってホテルにチェックインして中井に移動と
いうことで、19時半過ぎの訪問になりました。

s002-IMG_8878.jpg
電車の中が暑かったので、まずはハートランドで。玉さんにも飲んでもらいます。

s002-IMG_8879.jpg
まずは白魚と桜海老から。

s002-IMG_8882.jpg
日本酒は、季節に合った仙禽の花見酒(亀ノ尾の精米歩合50%)から。最初甘酸っぱい感じでしたが
時間を置くとあまうまな感じに。

s002-IMG_8884.jpg
マンボウの腸です。むてんかぼう基で食べて以来です。火を通すと食感も残しつつ食べやすくなる印象です。

s002-IMG_8885.jpg
比較して飲むのがマイブーム。まあ、頻繁に手を止めていただくのも申し訳ない、というのもあります。
群馬泉の純米、ラベル的には変わりがないですが、澱引きしてるものと澱があるものとの違い。
どちらもメロンなニュアンスでした。インパクトは澱ありがいいですが、じっくり飲むなら澱なしの
方がいいなあと思った次第。

s002-IMG_8887.jpg
なまこオールスター。

s002-IMG_8891.jpg
本マグロのヅケ

s002-IMG_8893.jpg
お新香

s002-IMG_8894.jpg
イシダイは、うまさノリノリです。

s002-IMG_8895.jpg
仙禽の、雄町55%の22BYと雄町50%の23BY。22BYの方がフレッシュ感があるなあと最初は
思いましたが、時間をおくと22BYがうまさノリノリになってきました。

s002-IMG_8900.jpg
ホタテと日向夏。

s002-IMG_8901.jpg
ホタテといっても、酒飲みにはむしろこちらがメインに思えてくる(笑)

s002-IMG_8902.jpg
トロトロ。

s002-IMG_8903.jpg
凱陣は、KU16と阿州山田錦、どちらも23BY。だいたいここらへんからわけがわからなくなり始めて
いるような・・・。

s002-IMG_8907.jpg
さより。

s002-IMG_8908.jpg
さよりの皮かな。

s002-IMG_8909.jpg
菊姫の純米生原。菊姫は古酒ばっかり飲んでいたので、こうやって飲むとおいしいですね。

s002-IMG_8911.jpg
客が、遅めの時間に来られた常連さんとわたしだけになりましたのでだんだんこのように
玉さん交えてだらだら飲みに拍車がかかります。

s002-IMG_8915.jpg
そしてこの凱陣2本、玉さんに託すためにわたしがこの日持ってきたものです。東京に来て早々に
本間酒店に行って購入してそのまま3年間押入れ熟成していた凱陣の海老名亀の尾と赤磐雄町の20BY。
赤磐雄町がちょっとピチピチ感もあっていい感じで熟成されていました。

最後に玉さんがスペシャルな料理を作ってくださったりしまして、さんざん飲み食いして燃え尽きました。
へへ・・・燃え尽きたぜ・・・真っ白な灰によ・・・。

時、すでに午前1時半。名残惜しくお店を後にし、タクシーで1時間ほどかかってホテルに着き、
2時間半仮眠してそのまま羽田空港から大阪に帰るという強行軍でした。


さてさて、これで3年間の東京生活ともお別れです。

関西日本酒事情。は孤狼青春編を終え、通常営業に戻ります。


大した事は書けませんが、どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。