3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東京カウントダウン(Round 6) ~ 「居酒屋おふろ」(下高井戸)
2012年03月31日 (土) | 編集 |
s002-IMG_8542.jpg
ということで、東京カウントダウンその6は「居酒屋おふろ」さんです。
開店時間に行って相良さんとゆっくり話したかったのですが、昼飯を食べ過ぎてしまったので、少し遅めの訪問。

s002-IMG_8543.jpg
また、お酒は完全に委ねます。まずはうきうき山本から。途中で転勤の話をカミングアウトしたので、
最初からその話をしていれば、出てくるものは変わってたかもしれませんね。

s002-IMG_8547.jpg
美丈夫の純米吟醸 舞。

s002-IMG_8549.jpg
塩昆布がいいアクセントです。

s002-IMG_8550.jpg
鶴齢の特別純米 越淡麗のおりがらみ。

s002-IMG_8553.jpg
海老とジャガイモのサラダ。ゴージャスなポテサラですね~

s002-IMG_8554.jpg
天虹の特別純米無濾過生原。

s002-IMG_8558.jpg
仔羊のトマト煮に、パンもお願いしちゃいました。仔羊トマト煮、辛い部分だけがないマトンカレーの
ような味わいで非常においしくいただいておりました。

s002-IMG_8559.jpg
ワインは、初訪問の時に飲んだClos Salomon Givry Rouge 1er cru Clos Salomon
(クロ・サロモン ジヴリー・ルージュ プルミエクリュ クロ・サロモン)のBY違い。前は2007で今回は2008.
酸が強くパワフルと感じたようにメモしております(笑)

s002-IMG_8566.jpg
相良さんが最後に出してくれたのは、Sine Qua Non(シネ・クア・ノン)の Mr K The Nobleman 2006。
帰って調べたら、造り手が亡くなったためNobleman最後のビンテージのもよう。
デザートワイン好きなので、とてもうれしかったです。

わたしも、気持ちだけはnobleでいたいと、そう思った夜でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。