3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東京カウントダウン(Round 4) ~ 「侘助」(入谷)
2012年03月23日 (金) | 編集 |
そういえば、入谷の「侘助」でせっかく横田さんに再開したのに、結局あれから
行けてない(一度予約しようとしたら予約でいっぱいだった)、ということに気づき、
ご挨拶しなくては、と訪問したのでございました。

s002-IMG_8489.jpg
地下鉄日比谷線の入谷駅から、そう遠くないところに「侘助」はございます。
この日はカウンターは独り占め。テーブルは、飲んでいるうちに埋まっていきました。
ほんと、昔から根付いているんだなあという家庭的な空気のある酒処です。

s002-IMG_8490.jpg
独り酒なら日本酒は完全おまかせにしちゃいます。まずは宝剣の純米吟醸八反錦。
日本酒は基本120mlですが、今のわたしはこれくらいがいいですね。時間による変化も楽しめる
けれども、1合だと飽きかねないので。少しずつ一つの銘柄をじっくり楽しむスタンスに移行
しているようです。

s002-IMG_8496.jpg
その後は、旭興です。

s002-IMG_8498.jpg
お料理も話しながら委ねてみます。まずはお刺身盛りを。〆サバ素敵。シマアジもいい食感。

s002-IMG_8497.jpg
そしておばんざいを見繕っていただきまして。

s002-IMG_8499.jpg
ここからはお燗。旭菊の大地。これが優しくてずっと飲めていそうな、そんな感じでした。
自分にしっくりきた感じは、ここしばらくでのベストかもしれません。

s002-IMG_8503.jpg
そして秋鹿の朴。実はあまり燗で飲んだことがなかったのですが、燗うめえよw
温度が低いと変態度が高い印象を持っていましたが、あ、これはええなあと。

s002-IMG_8507.jpg
千住ねぎ、大阪ではいただけないかなと思いつつ。すき焼きにも入れてみたいですねこのねぎ。

s002-IMG_8508.jpg
燻製盛り合わせが非常に気になり最後に頼んじゃいました。サンマの燻製、食べごたえあります。


横田さんも5月の天満宮のイベントには来られるそうで、またお会いできるといいなあと。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。