3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「燗酒嘉肴 壷中」(湯島)で燗酒を楽しむ
2011年12月07日 (水) | 編集 |
mixiで蔵朱の大西さんがチェックを入れていた「燗酒嘉肴 壷中(こちゅう)」さんに
速攻で訪問することにしたのでした。

最寄駅は湯島ですが、丸の内線の本郷三丁目からでも歩いていける距離
ですのでそちらから。

s002-IMG_6605.jpg
こちらです。看板はないですので見落とさないように来てくださいね。
扉は押してください。うっかりわたしのように引きますと、マットを巻き込んで
大変なことになります(汗)

店内に入るとまず和の小上がりがあるのですが、あの空間は使うことが
あるのですかね・・・。と思いながらそこを過ぎてカウンターエリアに行きます。
あのカウンターはいいですね。非常に静謐な、余計なものがない心地よさを感じました。

s002-IMG_6618.jpg
お酒のメニューです。なんだ5種類かと思った貴兄貴女、さにあらず。
スペック違いがずらり、なのです。席からの角度だと戸棚からこっそり
見える瓶の頭。奥に3本入る列が見えただけでも15列、すなわちそれ以上は
あるって寸法さあ。さあお燗好きは行きたまえ。わしも行く(笑)

ということなのですが、あえて一杯目は冷たいのでお願いします。
冷たいお酒は、これです。

s002-IMG_6609.jpg
三井の寿の「育て酛」でございます。これも熟成感あります。

s002-IMG_6611.jpg
おまかせで出てきたひたしトマト、汲み上げ湯葉とともに。

s002-IMG_6613.jpg
お燗は、まずは日置桜で。最近強力飲んでないんで・・・と伝えたら純米吟醸と
この鍛造生酛を出してくれました。鍛造生酛の方でいただきます。

s002-IMG_6616.jpg
ゴルゴンゾーラ酒粕を頼んで、それと合わせます。やっぱゴルゴンゾーラ系
と熟成なお酒のコンビネーションは大好きですわ。

このあと、辨天娘の玉栄をお燗でもらいました(撮るの忘れました)。ゴルゴンゾーラ
だけで最後までもっちゃいましたよ(悦)

京都の「たかはし」さんチックな空気感ですので、お好きな方は「壷中」も
絶対お気に入りになると思います。

それから・・・、実はどうも、拙ブログにコメント書いてくださってるようなんですよね。
家で、蔵朱蔵見学ツアーの時に買った鷹勇の強力(また強力かよ)飲んだ話の
時なんですけどね。・・・またここ見ていただけるかな。その前に先にまた訪問しちゃうかもな(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
お礼
早速お伺いしました。ブログの件、失念しており失礼しました。「壺中」にも「鷹勇」あります。坂本さんが醸していた時代のもののみで、「坂本俊」など。次回、よろしければどうぞ。ところで、「壺中」と「たかはし」の設計士は異なります。「壺中」の設計士は、京都「桺野」「直珈琲」同様、木島徹さんです。彼は今、京都某老舗のNY支店の設計でお忙しです。3日前、別件、東京の仕事帰りに「壺中」にきてくださいました(^0^)
2012/02/12(日) 08:59:09 | URL | 「壺中」燗番 #n37UizwA[ 編集]
Re: お礼
「壺中」燗番さん

これはご丁寧にありがとうございます!いたみいります(^_^)
設計士の件、違ったんですか~。めっちゃ空気感似てたんで同じ方
やと思ってました。

またお伺いしますね。よろしくお願いします!

> 早速お伺いしました。ブログの件、失念しており失礼しました。「壺中」にも「鷹勇」あります。坂本さんが醸していた時代のもののみで、「坂本俊」など。次回、よろしければどうぞ。ところで、「壺中」と「たかはし」の設計士は異なります。「壺中」の設計士は、京都「桺野」「直珈琲」同様、木島徹さんです。彼は今、京都某老舗のNY支店の設計でお忙しです。3日前、別件、東京の仕事帰りに「壺中」にきてくださいました(^0^)
2012/02/13(月) 22:52:51 | URL | きゅー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。