3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「神保町 傳」(神保町)でもてなされる
2011年12月04日 (日) | 編集 |
和食、食べたかったんですが、東京の某タイヤ屋星付き店で
1人客の予約は受けていないと電話口で断られて以来トラウマだったんです。
カウンター割烹なのに・・・。

しかしがんばっていろいろ調べて、たぶん受け入れてくれるだろうと
神保町の「傳」さんに電話したら、こちらはオッケーなのでございました。
訪問直前で某タイヤ屋の星が★→★★に昇格されて、わたくしとしては
初めての2つ星のお店訪問になったわけでございます。

s002-IMG_6529.jpg
神保町交差点の西にあるセブンイレブンの横の道を入ると、間もなく
このようなたたずまいのお店がございます。そこが「傳」でございます。

エントランスには昇格お祝いでしょうか、胡蝶蘭が飾られていたりしましたね。

s002-IMG_6533.jpg
食前酒としては、基本的にスパークリング系で、お客さんによっては普通にシャンパン
とか、お酒苦手な人にはノンアルコールのスパークリングとかいろいろ変えて
おられるみたい。そしてわたしには・・・「すず音」!日本酒好きというのが見抜かれたか?

s002-IMG_6534.jpg
そして、食前酒は、もなかと合わせてくださいと。ふむ。おもむろに袋から取り出し、皮の隙間を
覗きみますが、はて?

一口かじって、全てを理解。

あー!!やられた、こいつはやられた!!
キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n'∀')η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

(※これ以上は申しません・・・)

とまあ、わたくしの心を鷲掴みにしたこの一品目だけでも幸福度MAXです。

s002-IMG_6536.jpg
かぶら蒸しに栗のソース。ほっこりしていいですね。

s002-IMG_6537.jpg
完全に日本酒もおまかせしましたが、これには豊盃の純米吟醸豊杯米を合わせてくださいました。
調べてみたら、JAL国内線ファーストクラスで出していた時があるのですね。
個人的にはちょいとキレに渋みみたいなものを感じましたですね。もう少し置いときたい感じ。
この日は、総じて見るとドライめな感じの日本酒を出していただいたという印象です。
それから、半合でも出してくれるのがグッジョブです。

s002-IMG_6541.jpg
お水は、麒麟山の仕込み水です。

食べているお料理を考えつつ出してくださったのですが、あまり明確に書くと
今後行く楽しみもないでしょうから(まあこのような弱小ブログを参考にしている方も
少ないでしょうけれど・・・)、お酒とお料理は分割で、しかもお料理は一部省略で(笑)
いちおう、日本酒のブログなので、ね☆

s002-IMG_6544.jpg
陸奥八仙のいさりび火入れです。蔵元さんとの話も聞けたりしましたのです。
お燗しても飲んでみたいな、という感じです。

s002-IMG_6551.jpg
上喜元の辛口純米ですが、精米歩合は55%・・・。キレがドライです、かなり。
店主の長谷川さんに「大丈夫ですか?許容範囲ですか?」と気を使っていただきましたが、
何でも飲みます(笑)。秋鹿の変態的に酸っぱいやつだろうが、寛文の雫のような
変態的に甘いやつだろうが、何でも飲みますよん。

s002-IMG_6555.jpg
寫楽の純米吟醸火入れ。まだヌーボーではありません。「寫楽はヌーボー」という
マイ格言もございますので、早く寫楽の新酒飲んでみたいです。

s002-IMG_6559.jpg
最後は麒麟山超辛口「麟辛」。ラベルには書いていませんが、ネットで見る限り
本醸造スペックですね。これもお燗して飲んでみたい感じです。

ということでお料理からいくつか。

s002-IMG_6550.jpg
鰆たたき。大根は鬼おろし?食感がいいですよね。

s002-IMG_6562.jpg
鴨と鴨つくねとネギのスープ煮と言えばよいのでござろうか。鴨うまい。

s002-IMG_6565.jpg
お食事のいくらご飯のいくらが綺麗ですね。お出汁に漬けていたので
塩辛くはないですよ。

s002-IMG_6568.jpg
デザートも美味しかった!干しぶどうのアイスの下にはピスタチオのチョコ。
これに黒蜜をかけていただきます。長谷川さん曰く「信玄餅みたいな味しませんか?」

ということで、ゆったり3時間楽しませていただいたのでしたが、
初めての訪問でしたのに満席状態でしたのに結構お話ししていただいて
ほんともてなしていただきました。

カウンター和食の醍醐味を存分に楽しませていただき感謝することしきりです。







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。