3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「旬の菜と旨い酒 おおはま」(阿佐ヶ谷)は心のオアシス
2011年11月23日 (水) | 編集 |
さて、やっと阿佐ヶ谷に戻ってきました(笑)

いやあ、実はね、次はずっと「おおはま」さんのことを書こうと思ってたんですが、
店の外観の写真がなぜか毎回ぶれにぶれまくってて、書けなかったんです(汗)

そういうことで、ようやく書けます「旬の菜と旨い酒 おおはま」さんです。

JR阿佐ヶ谷駅からは・・・ちょっと歩きます。ざっくりいうと、中杉通りを北に500m。
中杉通り沿いではないですが、ちょっと斜めに入る細い道に入ればお店が
見えてまいります。

s002-IMG_6264.jpg
外観はこんな感じ。店内イメージは・・・そうですね、「よしむらさん」みたいな感じ。
カウンターのみだし、距離感も結構近いのではないかなと。

店主の大濱さんは、以前新橋の「いし井」の厨房に立っておられたかた。
飄々とした感じ(もちろん好印象な意味で)の男前な女性というのが
わたしの持つイメージ。職場に似たような雰囲気の人がいたので親近感が
あるんですね。

初めて行った時に、いきなりお酒をおまかせする無謀さにも応えてくれて

s002-IMG_3458.jpg
ハート天明を出してくれたあたりで既にお気に入りに。

たまたま隣で飲まれていた方がSmile日本酒関係のかただったりして
疎外感も全くなかったのもラッキーでした。

とりあえずまだ4回くらいしか顔を出してないのですが、ダイジェスト的に。

s002-IMG_3466.jpg
繁枡はたぶん初めて飲んだんじゃないですかね。

s002-IMG_5181.jpg
奥能登の白菊ですが、よくみるラベルと違ってました。石川門という石川県オリジナルの
酒造好適米100%使用の純米無濾過生原酒。今となっては味など覚えておらぬのですが(苦笑)

s002-IMG_6273.jpg
喜久酔とか、美冨久の渡船とか。

s002-IMG_6269.jpg
冷たいお酒はこのようにグラスですし、

s002-IMG_3472.jpg
お燗ですとまあこうなりますわね。

s002-IMG_5176.jpg
小鉢3点をチョイスしたり、

s002-IMG_3462.jpg
おまかせで8点盛りにしてもらったり。

s002-IMG_5042.jpg
燻製もありますよ。

s002-IMG_3471.jpg
がっつりなお酒にはこういったがっつりなアテで対抗したりも。

わたしの家からは遠くてなかなか行けないので、先日書いたとある鮨屋に行って
2軒目にここに顔を出すというパターンが定着しつつありますね。やっぱり
心のオアシス的存在なので顔を出したいんですね。

大濱さんひとりで切り盛りされているので、お客さんが多くなってくると結構
大変そうですが、今後ともみんなのオアシスであってほしいです。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。