3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「ふしきの」(神楽坂) その2
2011年09月28日 (水) | 編集 |
次のネタを書く前に神楽坂の「ふしきの」さんにまたお邪魔したので、先に
これ書いちゃおうかな、と。

s002-IMG_5422.jpg
とんとんとん、と階段を上りまして。開店時間少し前だったのでちょっと待ってよう、
としたら扉が開きましたので入れてもらいます。

s002-IMG_5425.jpg
一杯目は冷たいのをお願いしまして喜久酔の純米吟醸を。

あ、前回訪問時からシステムが変更になってまして、ぐい飲みの類は後ろの棚に
陳列している器から自由にチョイスして飲む形に。前回も後ろの棚からも取って
よかったとは思うのですがなんか気兼ねしちゃうところはありましたから、
むしろ後ろの棚から取らざるを得ないようにしたほうが取りやすいですし、自然と
あの棚の作品群を見ることにもなるのでいい変更かなと思います。

さらに食べ物の方にも少々変更あり、酒肴は3品セット(3,500円)だけになり
代わって和酒会席(7,500円)というしっかり食べられそうなコースができました。
わたしてきには一人酒の場合はさほど食べない(その代り帰る途中でカレー屋
にふらふらと行ってしまう)ことが多く、時間的なこともあり今回も酒肴のセットで
お願いしましたが、和酒会席をいただく機会も作りたいところです。

ということで今回の酒肴ですが、

s002-IMG_5426.jpg
蟹身、水菜、自家製いくら、でしたかね。

s002-IMG_5429.jpg
酒肴盛り合わせ。色とりどりで楽しいです。

s002-IMG_5435.jpg
かます雲丹焼き、うまかったです。

これらを以下のお燗でいただきました。

s002-IMG_5427.jpg
s002-IMG_5430.jpg
酉与右衛門(よえもん)の加水火入れと無濾過生原をお燗にしての飲み比べです。

s002-IMG_5432.jpg
惣誉の純米生原。昔「このは」で奥播磨のお燗をよく飲んだ時に感じた真っ直ぐな感じを彷彿とさせました。
生原酒な分少し力強さはあるんですが、なんか通じるものがあるんですよね(個人の感想です)。

s002-IMG_5434.jpg
妙の華は東京では飲まないので久しぶりです。お酒担当多田さんがいう独特の表現が面白かった
ですが、確かに森喜さんところのお酒はよそとはちょいとちゃいますよねと納得していました。

この日は開店時間から結構な時間わたし一人の状態だったので、多田さんといろいろお話もできて
とても楽しかったです。お店どうしのつながりとか、そういうところもわかって面白かったです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。