3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「やきとん ひなた」(東京・上板橋) で 生酛のどぶ
2010年04月12日 (月) | 編集 |
今年度も引き続き東京暮らしとなっておりますきゅーでございます。

サボり気味ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。


さて、野方のやきとんで有名な「秋元屋」、もちろん私も大好きでございますが、

あれをがつんときた日本酒でやってみたい、とお思いの方々は多くいらっしゃったことかと思います。

それが叶う店が今年(2010年)に入って登場したってんだからおたちあい。


s-IMG_7714.jpg
上板橋の「やきとん ひなた」でございます。


とはいいながらも、わたくし自身は新店情報には疎く、mixiで某お燗王子氏の書き込みを見て、いてもたってもいられず翌日飛び込んだ次第です。

家から30分はかかりますが、出不精のわたくしにしてはまだ行きやすい場所にあるのでちょこちょこ頑張って訪問している次第です。

開店して間がない時には、「む?」という場面も少々ございましたが、わたくし的にはいい感じにフィットしてきたなあと思う今日この頃。


s-IMG_7717.jpg
まずは、キャベツ味噌とレバ刺しが定番。日曜日にはレバ刺しがないので要注意です。そして生酛のどぶを燗で、これもデフォ。

s-IMG_7873.jpg
で、焼き物ですね。味はいつもおまかせで。


肝心の日本酒ですが、

s-IMG_7870.jpg
こんな感じ(麓井・睡龍)とか、

s-IMG_8282.jpg
こんな感じ(扶桑鶴・おこぜ・ずいかん・鯉川)とか、燗にしたいのいろいろあります。


後は冷たいのも冷蔵庫から出てきます。昨日おまかせして出てきたのは、

s-IMG_8283.jpg
花泉酒造の「花見ロ万(はなみろまん)」。これが酸があまりなく、白ワインゆうて出してもわからん人おるかもなあ、と思いながら飲んでました。面白い。

s-IMG_8286.jpg
寺田本家の「香取 生酛純米80」とか。香取には酸きっつい変態イメージしかなかったですが、これはまだ変態の域には達していませんでちゃんと飲めます(笑) 右側は玉川ですね~


s-IMG_8285.jpg
「ひなた」でお気に入りな食べ物のひとつ、鳥レバーパテです。これ好きっす。ワインも置いてますから、ワインでやるのもいいですね。


少しですが、お魚も置いてたりします。基本やきとん屋ですが、うまく使っていろいろ楽しみましょう。


そうそう、昨日行ったら、「上方日本酒ワールド」のチラシを持ってこられたかたがいたそうで、びしっと貼ってましたよ。関西から女性一人でこられたかたもいるとか。


既に、「ひなた」は関西にも浸透しはじめてるのでしょうかね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
土曜日にお誘いを受け、上板橋の[a:13102190,ひなた]に18:00集合! 早いけど10分前に行ったら、ほぼ同時に他2名もお店の前に現れた。 しかし、すでにほぼ満席。「4人なんですけど」と告...
2010/09/01(水) 22:33:04 | オトシンのレストランガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。