3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「蒼天(北大塚の方)」(東京・大塚) が お気に入り
2009年11月14日 (土) | 編集 |
※一旦南大塚に統合する前のものです。2011年2月1日から北大塚再オープン!

s-IMG_7027.jpg

疲れたので東京編に戻りますか(笑)


今、一番通っているお店です。

大塚の焼き鳥「蒼天」です。

新しく南大塚にも出店しましたが、それは次回にしまして、今回はもともとある北大塚の方をフィーチャーします。


初めて「蒼天」に行きましたのは8月ですので、まだ3ヶ月しか経ってませんが、困った時には「蒼天」というくらいの位置をわたしの中では占めています。

北大塚は独り酒、南大塚は女性と2人で飲むときに、と使い分けるのがわたしのスタイルでございます。


s-IMG_6433.jpg
場所的には、JR大塚駅から北大塚方面に行きまして、「串駒」「串駒房」を通りすぎればその辺りにあります(なんとアバウトな・・・)。

s-IMG_6998.jpg
スタートはお通し3点です。日によって変わるけど、パテはいつも入っていますね。

s-IMG_6929.jpg
基本的にお酒はおまかせしています。スタートはいつもおりがあるものから出してくれます。これは、まんさくの花の活性にごり酒、蒼天オリジナルです。


s-IMG_7030.jpg
燻製大好きなので、燻製は欠かせません。

s-IMG_6999.jpg
白レバ刺しがあればそれも欠かせません。これは、相当いいホロホロ鳥のレバーが入った時のものです。超絶美味でしたが、高かったですよ(にやり)。

s-IMG_7005.jpg
焼き物は、いつもおまかせ5本でお願いします。これもホロホロ鳥の肝です。レア加減で出してくれるので嬉しいです。


メニューにある日本酒は、南大塚と比較すると少し少ないですが、品揃えは適宜変わっているようなので飽きませんよ。

s-IMG_6843.jpg
こちらでスタンダードとなっているのは、岐阜の中島醸造が醸す「小左衛門」です。常に複数スペックのものがあります。蔵とつながりが深いようで、年初に蔵に行って酒造りを手伝ったり、お酒の会もされています(それは次回で触れます)。

s-IMG_6443.jpg
8月に飲んだ「たてのい」が、現時点でのラストたてのい状態です。飲めるところ、ないかなあ・・・。

s-IMG_6933.jpg
滋賀・福井弥平商店「萩の露 里山」がここで飲めたのはうれしかった。東京のお酒仲間と、「かむなび」で飲んだよなあと思いだしつつ飲みました。

s-IMG_6939.jpg
「寶剣」の燗が、さきほどの肝の焼いたのとすごく合ってて、もう顔がほころんでしまいました。


あと、ここで今まで飲ませてもらったお酒を列記すると、

・夏どぶろっく
・川中島幻舞
・会津娘
・回
・芳薫
・旭鳳
・奥能登の白菊
・三連星
・亀甲花菱
・豊香
・長陽福娘

沢山飲んでるねえ(笑)



焼き鳥屋さんですから、居酒屋等に比べれば料理の幅は狭いわけです。しかも、お世辞にも焼き鳥屋にしては安くはない。


それでも通うのはなぜか。

・・・やっぱり、楽しいんですよね。

店員の、南国少女風のお姉さんが楽しそうにお酒の話をするのを聞いてると、楽しいんです。

鰻の寝床なカウンターの距離感が、お店の人との気持ちの距離を近づかせてくれる。いいんですよこれが。

基本的には、わたし日本酒3合飲めないんですよ。でも、いい店は雰囲気で2.5合から先の1合(ヘタしたらもっと)を飲ませてくれるんですよね。

飲みたくなるんです。飲んで、いろいろ話したくなる。それが、ここにはあるんですよね。


とはいえ、初訪問の時は、最初の会話に至るまでが長かった(笑)

後で南国少女なお姉さんに聞いたら、声をかけたいんだけどかけられない、声をかけてほしいと思っていたと。

関西なら店の人からもどんどん声かけていきますもんね。あの、シャイな「蔵朱」大西マスターであってもやりはります。うん。

わたしは昔から大阪人らしくない大阪人といわれてまして、自分から会話をふるのが下手なんです。お店の人が忙しそうにしていたら、なおさらですね。

カメラで写真を撮るのは、話のきっかけにしてほしいって意味合いもあるんですよ、実は。


「日本酒お好きそうですね^^」

お店のかたは、その一言を是非、初見のお客さんに投げてあげてほしい。

そうすれば、きっとみんな楽しくお酒を飲めて、嬉しく思いますよ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。