3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「水鳥」(山形・七日町エリア) で 十四代
2009年06月25日 (木) | 編集 |
イベントの打ち合わせで山形に日帰り出張しました。

打ち合わせも、その後のドリンキングミーティングも終わり、まだあと1時間くらいは飲める時間があります。

幸い、ドリンキングミーティングをした和食屋さんは、山形随一のお店のすぐ横にあったのでした。何という僥倖。

早速、大先輩とともに突入です。

s-IMG_6066.jpg
少し前の「pen」で山形代表の店として載っていたという(わたしゃあ大阪のページしか立ち読みしなかったでござるよ、にんにん)「水鳥(みずとり)」であります。

かつてはまき子さんのブログにも名前を伏せて載ってましたですね。

7時少し前に、2人で飛び込みでしたが、小上がりが空いてましたので運よく入れました。


写真を撮り忘れましたが、いきなりグラスが3つ出てきます。飲み比べしやすいありがたい配慮です。

1時間くらいしか滞在できないと告げ、日本酒もおまかせでお父さんに全てをゆだねます。


s-IMG_6070.jpg
このトマト美味しい!

s-IMG_6068.jpg
貝柱?とミズナもうまひ。

s-IMG_6067.jpg
十四代 中取り純米吟醸 備前雄町と播州愛山(山形・高木酒造)。やはり・・・悔しいけどうまい。

「ミーハーな趣味など持ち合わせておらぬ」と、意識的に十四代は飲まないようにしてますけれども、わかってるんです。好きなんです。ツンデレです。

s-IMG_6069.jpg
キンメ、アジたたき、イカの造り・・・うまし。

s-IMG_6071.jpg
岩ガキ、寄せ豆腐。うま・・・

s-IMG_6072.jpg
十四代 吟撰。久方ぶりにラベルに葉っぱが入ったそうです。米は・・・なんだったっけ?山田?

s-IMG_6073.jpg
蔵王サファイアという茄子のお漬物。ヘタまで食べれます。これもいい味出してます。

s-IMG_6074.jpg
十四代 純米大吟醸 龍の落とし子

s-IMG_6077.jpg
十四代 純米大吟醸 酒未来

龍の落とし子が、父系:山酒4号、母系:美山錦な米であるのに対し、酒未来は父系と母系が逆なだけです。でも、味わいははっきり違う。どう違うのかは・・・それは聞かない(笑)

この後に、くどき上手の酒未来も少しいただきました。


お父さんはにこにこして、楽しそうにお酒の話をしてくれます。それだけでもう、和みの境地です。

加えて、酒も肴も申し分なし。

お勘定は・・・大先輩が立て替えてくださっているので、いくらかかったかまだわかりません(笑)

でも・・・いくらかかろうが、気にしない!


次回は是非、カウンターで和みたい。もっとゆるゆると飲んで、肌全体にこの店を感じたいです。




「全国地酒処 水鳥」
山形市旅篭町2-2-26 庄司ビル2F
023-625-7068
17:30開店
日祝休
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。