3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「山三」(なんば) で 山鶴
2008年02月27日 (水) | 編集 |
080220IMG_0550_convert_20080227140322.jpg


大阪ミナミエリアにはなかなか面倒で足を伸ばしませんが、そんなことではいけないと最近反省する次第でございます。

この日も、西中島のモツ料理「あらた」に行こうとしたらすごい行列で、帰りの御堂筋線に乗ってようやく、「そうだ、このままミナミへ行こう」と思った次第。

新規開拓もせねばなりませんが、今回は久々に「酒楽座 山三」さんに行くことにしました。

新歌舞伎座の横の路地をちょっと行けばそこにミナミの至宝、「山三」がございます。


さてさて。

最近は一杯目はにごりとかおりがらみという感じが定着してまして、

080220IMG_0551_convert_20080227140353.jpg

山鶴 特別純米酒 おり酒(奈良・山鶴酒造店)

しゅわしゅわ系で乾杯と。ひとりで乾杯・・・。すっきりしてますね。

080220IMG_0553_convert_20080227140416.jpg

そしておでん。「山三」は少し料理が出るのに時間がかかる印象を持っていますので、最初におでんを何品か食べておくのが常です。とはいいますが、ここのおでんは今のところ一番好きですね。出汁の甘さ加減が丁度嗜好にはまるんです。そして「コロ」が食べられるのもうれしい。

このおでんで酒飲めたら幸せで、他のアテはいらないくらいです。

080220IMG_0554_convert_20080227140442.jpg

忘れてた。自家製チーズ豆腐も忘れてはいけません。最強アイテムです。
味的には、熊本名産の豆腐のもろみ味噌漬のイメージです。

080220IMG_0555_convert_20080227140509.jpg

このような最強アテ群に合わせて
開運 純米無濾過生(静岡・土井酒造場)
ですが、今まで飲んでた開運のイメージとはズレがあって、どれが開運の特徴だったんだろうかと悩み中です。またどこかで飲まなくては。

080220IMG_0556_convert_20080227140535.jpg

純米吟醸 酒楽座(兵庫・井澤本家)
「山三」さんのPBですね。がつんと旨い感じで好きです。井澤本家といえば、倭小槌を出してるところですか。倭小槌も飲んでみないといけませんね。


「山三」さんは、「むてんかぼう基」さんとはちょと違うけど、知らない客同士がすごくファミリーで優しくなれる雰囲気を持っています。

この日は、隣のお兄さんが鷹勇のあらばしりを頼みはったんで、この人見知りなわたしが「こないだここに蔵見学行ってきたんですよー」と先に話を振ったりしたんですよ!お互い活動エリアが違うので、また機会があればご一緒しましょうとメルアドを交換もしました。

このようなことができてしまう「山三」なので、ついミナミだとここに行ってしまうんですね。

理由はわからないけど、話しやすい雰囲気を持っているお店。お店も女性も同じですかね。自然体でいれるところがあればそこに行くと・・・。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。