3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「おやじの料理と酒の店 三六九」(東京・大塚) で 宗玄
2009年04月29日 (水) | 編集 |
東京移住初日に「坐唯杏」に行ったわたくし、そこでお店の人に聞いた宗玄メインのお店に
行ってみることにしました。

s-IMG_4807.jpg
南大塚にあります「おやじの料理と酒の店 三六九(みろく)」です。

店に入ると、コの字型のカウンターが印象的。

有線放送が流れていたようですが、たまたまその時に流れていたのが初音ミクの「メルト」っちゅうのがなんとも(笑)


作務衣に身を包むマスターは一見気難しそう、怖そうな印象ですが、ジョークも言うなかなか面白いかたです。

一方、ホールのお兄さんはイケメンでホストっぽい服装できめてはるので、このミスマッチが面白くて。


s-IMG_4808.jpg
初駒 純米大吟醸生原酒(青森・佐藤酒造)から。飲み口クリアです。切れもドライな印象でしたが、飲み進めるうちにミルキー感も感じられるようになりました。

基本は1合だそうですが、5勺も可能なところがありがたいです(燗は1合から?)。

s-IMG_4813.jpg
豪華突き出しに圧倒。これだけでも十分飲めますね。

s-IMG_4814.jpg
十旭日 純米吟醸生原酒袋釣りおりがらみ19BY(島根・旭日酒造)。酸の強い感じ。まだ微発泡しています。

s-IMG_4819.jpg
宗玄 純米吟醸無濾過生(石川・宗玄酒造)。華やかさ・酸・うまさのバランスがよろしく、好きな感じですね。


飲んでる最中の記憶が正しければ、基本的に本間酒店さんから入れているようですが、宗玄は蔵と直接取引されているようです。


s-IMG_4824.jpg
三六九のキラーアイテムとして先日のdancyuにも載っていた、いかわた小鍋です。メニューにない日もあるようなのでご注意を。

s-IMG_4822.jpg
いかわた小鍋で飲むならどれがいいですかと相談した結果、宗玄 特別純米「純酔無垢」を燗で。飲み口の軽い渋みはありますがキレが軽くなかなかいい感じです。

しかしいつも思うのですが、このラベルが「粽(ちまき)」に見えてくるんです。そう見えたら酔ってるということかもしれません。


閑話休題。


客層もなかなかいい感じですし、ここはいい店だな、と思いつつ飲んでました。またこよう。




実は、インターネット(ADSL)をするにあたって電話番号をとらないといけなかったのですが、NTTから提示された3つの番号の中になんと「0369」が!もちろん即その番号をチョイスしました。

こういう縁は、大事にするわたしです。



「おやじの料理と酒の店 三六九(みろく)」 
東京都豊島区南大塚2-26-23 DJKビル1F
03-3945-3675
17:30~23:59(LO23:00)
不定休(と名刺にはありますが、サントリーグルメガイドには月休で月が祝日のときは火休とも)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。