3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「旬魚旬菜 浜膳」(天満橋) で 池月
2009年03月24日 (火) | 編集 |
今の仕事をし始めてから、毎日のように通勤時にその横を通るにもかかわらず、行ってない店がありましてね。

先日の「猩猩」メンバー来阪時に、池月が飲める店ってあんまりないです、って話をしたら、実はその店に置いてあるという話を聞きまして、で、ようやく行く決心がついたのでございます。

s-IMG_4373.jpg
「旬魚旬菜 浜膳」でございます。

s-IMG_4375.jpg
ということで早速、池月 純米(石川・鳥屋酒造)を。ここはグラスでも1合を少し超えるそうで、一人酒には大変かもしれませんが、そもそも日本酒のラインナップが「綾菊」「池月」「満寿一」「東長」くらいなので、その中で自分にヒットする酒があればそれをじっくり楽しむスタンスでいけばいいのではないかなと。

s-IMG_4380.jpg
突き出しと、あれ、いかなご・・・ですよね。

s-IMG_4384.jpg
生からすみとカニみそです。生からすみは「善知鳥」以来。でもわたしはねっとりした普通のからすみのほうが好みなんですね。。。

s-IMG_4386.jpg
綾菊 吟醸生「国重」(香川・綾菊酒造)を。

s-IMG_4389.jpg
筍の天ぷらがあったので、それを。春ですねえ。


かなりいい店だなあと思いながら飲んでました。他の店ではあまりしていないあることもしていて、結構感服しているんです。10年以上続けていられるのは、そういうところの地力があると思うのですね。



でまあ、そのあと歩いて「よしむら」さんに行きまして飲んでましたら、隣の女性2人組と意気投合。いやあでも、みんなすごいところ沢山行ってて顔が広いなあとしみじみ思った次第です。




「旬魚旬菜 浜膳」 
大阪市北区天満1-6-26 ライフ天満1F
06-6882-0017
17:30~24:00
日・月曜の祝日休
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。