3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 自宅 で 秋鹿
2008年02月23日 (土) | 編集 |
080212_204754.jpg


2月一本目の家酒は、大阪駅前ビルの地下にある山長梅田店で買った「秋鹿 純米大吟醸 米・人・心・技」であります。

しかしながら、自宅で日本酒を飲むときには大きな問題点がひとつあります。それは、

どの酒を飲んでも、同じ変な香りが混じる

のです。理由は全くわかりません。

開栓したてでも、自宅だと変なんです。保存状態が悪いというのはありえない状況、と思っていただいて構いません。でも変。自宅だと変。

居酒屋で飲んだ酒と同じ酒を自宅で飲んでも明らかに違って変。なので、真っ当な感想がいえません。

困ってます。

たとえば、「米・人・心・技」は4合瓶で4200円。居酒屋で1合飲もうとすれば2、3千円は覚悟しないといけないわけです(っていうか、リスクあるから居酒屋にもおかないでしょう)。必然的に家で愉しむことを考えないといけないのですが、何せ、家で飲む酒はどこかおかしい。

いったい何が悪いのか・・・。謎は深まるばかりです。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。