3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「御食事処乃 福松」(京都・烏丸御池)で一汁三菜
2013年01月14日 (月) | 編集 |
昨年春から不振でございましたわたくし、今年は何とか未訪問のお店に
どんどん行きたいところです。

ということで、昨年は結局行けなかった「御食事処乃 福松」に予約が
取れましたので訪問した次第です。

s002-IMG_0985.jpg
開店前で電気が消えていた時は一度通り過ぎました(隣の店がこれまた煌々と明るいんだわ)。
最後の一席で予約できたのですが、何かで読みましたように、一人客なわたくしを
店主の正面に案内していただけまして、非常にこういうのはうれしいものです。

s002-IMG_0987.jpg
食前酒として30mlで出してくれる日本酒もあります。これはAFS。
一口飲んでから撮っちゃいました。

s002-IMG_0988.jpg
こちらは、まず一汁三菜が提供されて、その後追加でアラカルトがいただける
ということです。これは最初に出ました鯖です。

s002-IMG_0991.jpg
気が付くと、2品目を取り忘れています(笑)
初訪問の店は、日本酒を委ねていいものかどうか探り合いなところがありますが、
店主の方が料理との組み合わせも考えていただいているのがすぐにわかりましたので、
完全におまかせです。これは2杯目の太陽酒造のたれくち。普通は日本酒の瓶は出てこない
のですが、どこの蔵元さんのお酒が最初わからなかったので見せていただきました。

s002-IMG_0992.jpg
しんじょのお椀。やさしいお味です。

s002-IMG_0995.jpg
八寸は、お正月らしさもまだ残る印象で。お酒は、竹雀のお燗です。

s002-IMG_0996.jpg
アラカルトでひとついただこうと思いましたところ、メニューにコッペが
ありましたので即決。今シーズンももう終わりですか…。

わたくしが飲んでる間に来店した予約のお客さんは、なんとすべて女性で
ございまして、ひとりおっさんで申し訳なく思った次第でございます(笑)
でも店主の方といろいろお話もできましたし、とても居心地よく飲ませて
いただきました。

スポンサーサイト

 年末年始(味酒かむなび・日本酒うさぎ)
2013年01月03日 (木) | 編集 |
みなさまあけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は大阪に戻った後不振が続いたわたくしでございました。

今年は、どうなることやら。


と、いうことで、年末年始です。

s002-IMG_0847.jpg
年末は、久々にかむなびさんに行ってみました。

s002-IMG_0850.jpg
つきだしでまずは一献。

s002-IMG_0851.jpg
丈径とか、

s002-IMG_0854.jpg
天遊琳をいただきました。

s002-IMG_0853.jpg
鰆すきなんですよ。これは昆布締めになっています。

s002-IMG_0855.jpg
チーズもおいしいですよね。

s002-IMG_0857がしらと白菜の酒粕煮
酒粕煮とか粕汁とか大好きなんです。

s002-IMG_0856.jpg
悦凱陣をお燗でいただいたりしてました。



正月2日には、東京のお酒仲間から日本酒うさぎに行きたいとの
ことで、一緒に飲んでました。

s002-IMG_0870.jpg

s002-IMG_0871振る舞い酒うまい
振る舞い酒でいただいた七本槍です。

s002-IMG_0873.jpg
つきだしお正月バージョン。

s002-IMG_0874.jpg
天野酒です。

s002-IMG_0879.jpg
白子豆腐は適度な塩加減がお酒を呼びますね。

s002-IMG_0884.jpg
生野菜とおみそ。

s002-IMG_0883.jpg
みんなよく飲みます。

s002-IMG_0885大正の鶴のお燗おいしい
大正の鶴のお燗おいしかった。


いつもは独り酒ですけど、何人かで飲むのも楽しいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。