3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「吟雅」(阿佐ヶ谷)への訪問、ついになる
2011年08月18日 (木) | 編集 |
s002-IMG_4618.jpg

まだ大阪にいる頃から、さんざっぱら「吟雅」行ってみてくださいと言われれつつ早幾年、
東京に来て2年半、自分の中で阿佐ヶ谷ブームが来たこともありついに「吟雅」さんへの
訪問が実現いたしました。

先に空いてるか電話をかけてみたのですが電話はコールのみで、ええいままよ、と
飛び込んだわけでございました。

s002-IMG_4617.jpg
スナックぽい雰囲気なんですが、店内もそんな感じ。もしくはカウンターのみのうまいコーヒー
飲ませてくれる店みたいな、そんな感じ。BGMにクラシックをかけてらっしゃり、こりゃ電話かける
ほうが野暮だよなと思った次第。

中井のあの店の大将がいうには「彼はアーティスト」ということでしたが、見た感じは非常に
大人しそうなおじさまでいらっしゃいました。非常に丁寧で腰も低い感じで。蔵元さんの事情とか
にもお詳しい感じで、いろいろお話し聞かせていただきました。それから「かむなび」さんの話題
で話ができたりして楽しかったです。

食べたり飲んだりしたものですが、

s002-IMG_4619(リコッタチーズ・エリンギのギリシャ風)
リコッタチーズとエリンギのギリシャ風が今日のお通しです。

s002-IMG_4622(トレヴィスと
トレヴィスとカチョカヴァッロのオーブン焼き

s002-IMG_4624(生ハムとパルミジャーノのオムレツ)
生ハムとパルミジャーノのオムレツ

と、燗酒に合いそうなチーズっぽい系でオーダーしてみました。メニューを見てみるとわかりますが、
洋のメニュー豊富でそそられるものが多くございます。

お酒については、何か瓶を撮らせてもらうために前に持ってきてもらうのが申し訳なかったので、
器だけ。

s002-IMG_4620(奥播磨純米山田錦八割磨き)
s002-IMG_4621(十旭日純米吟醸改良雄町)
s002-IMG_4623(悦凱陣純米吟醸赤磐雄町)

この丁度5勺にピッタリな徳利が非常におしゃれです。可愛いですよね。

・奥播磨純米山田錦八割磨き
・十旭日純米吟醸改良雄町
・悦凱陣純米吟醸赤磐雄町
ともう一種類をそれぞれ5勺でいただきました。お燗も丁寧につけてくださるので
非常に安心して飲めました。

二軒目使いができる自由度の高い店とお見受けしましたので、阿佐ヶ谷に行く際には
また顔を出したいと思います。

スポンサーサイト

 阿佐ヶ谷のとある鮨屋さんが好きです
2011年08月05日 (金) | 編集 |
と、いうことで、最近は阿佐ヶ谷によく行きます。

いい店いっぱいありますよね。

特に、日本酒も楽しめるという意味で、とある鮨屋さんが好きです。

s-IMG_2683.jpg
※現在は写真撮影禁止です。まだ撮ってよかった頃(移転前)の映像でお送りしております。

今はわかりませんが、通い始めた時はこの石鎚と、あとは惣邑が軸という説明を
受けました。

s-IMG_2450.jpg
地震の件もあったので、阿部勘もよく飲みました。

s-IMG_2691.jpg
屋守もよく飲みましたね。

あとここで飲んだのは、初亀、七田、義侠、この前は大七の生酛純米大吟醸「箕輪門」が
たまたまあったので、ぬる燗にしてもらいました。

お鮨で特に好きなのは、

s-IMG_3530.jpg
はたてのウニもさることながら、

s-IMG_1963.jpg
カスゴが好きですね。

s-IMG_3533.jpg
あと、この二層構造になった玉子がエロいのです。

大将は非常に穏やかな方、お弟子さんはイケメンというか男前の部類かな。
他の方のブログで数年前の大将の写真を見ましたが、髪型のせいかかなり
男前でしたな・・・。今は坊主頭なので全然イメージできませんでした。

わたし的にはすごく穏やかな時間が過ごせる、とても好きな鮨屋です。


それでは、次回以降も、何軒か阿佐ヶ谷のお店で攻めてみたいと思いますのでよろしく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。