3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 西中島もつもつ大紀行
2008年12月21日 (日) | 編集 |
新大阪から地下鉄で一駅の西中島南方駅周辺には、いいお店がございますね。以前書いた「酒膳ちろり」さんしかり。

そんななか、テーマを絞って、今回は「西中島もつもつ大紀行」と銘打ってお送りしたいと思います。

・・・まあ2軒だけなんですけどもね。

IMG_2042-convert.jpg
まずは、ネットで見てて、女将さんの評判がすこぶるよい「富士」でございます。

IMG_2043-convert.jpg
つきだしでもつ煮込みが出てきます。後述する「あらた」と比較するとあっさり目です。

IMG_2044-convert.jpg
生レバー

IMG_2047-convert.jpg
アカセン、だったかな。

お酒は、にごり酒、八海山、香住鶴、黒龍とメニューにありましたので、黒龍の純米吟醸をば。

IMG_2046-convert.jpg
コップでがっつりいただきます。

居酒屋メニューも多いので、普通に居酒屋使いかなと思います。常連さんが多そうな感じです。

バイトのお姉ちゃんに優しく、しかし厳しく指導する女将さん。帰りには忙しいのに店の外まで見送ってくれました。こういうちょっとしたことがうれしいものです。



で、続いてなんですが、まあ、西中島でもつといえば、やはり「あらた」を語らずにはいれないでしょう。

わたしも通い始めてまる3年、まだまだ若輩者でございます。10年、20年通っている常連さんもざらです。一方で若い人もかなり多いです。

080311IMG_0005-convert.jpg
大抵は店の外で順番を待っている人がいます。

IMG_2049-convert.jpg
最初は煮込みが出てきます。料理は小皿で供され、概ね一皿400円です。ネギは別に出てきて自分で量を加減できます。

080311IMG_0008-convert.jpg
生レバー。ちなみに35歳以上は1皿しか食べられません。

IMG_2051-convert.jpg
そしてこのコールタンが大好き。死ぬ前に食べたいもので真っ先に頭に浮かぶのがこれです。

IMG_2053-convert.jpg
ネックスモークも好き。鼻腔をくすぐる香りが・・・

IMG_2054-convert.jpg
テールスープ。テール抜きのスープもあります。スープを使った雑炊も。このあたりが〆の一品です。

わたしはここでは基本的にハイボール(250円!)を飲んでますが、それではここに書けないので、「日本酒」を頼んでみました。

隣に座ってた人も日本酒好きなようで、瓶を見せてくださいという話にうまくもってけました。

20081212212605-convert.jpg
鳳鳴 やすらぎ(兵庫・鳳鳴酒造)。安易に大手メーカーでないところがうれしい。普通酒ですが、ちょっと温度上げて飲むといい感じです。コップ一杯350円、「あらた」で飲めばまた味わいがあるというもの。

一見気難しそうなマスターですが、常連さんが「口聞いてくれるまで3年かかったわ」とかいうのはさすがに大げさにしても、さすがに話をするのはなかなか大変。そりゃ、あれだけ忙しいと、仕方ないですわ・・・。

わたしの場合は、たまたま客がわたし1人だけというシチュエーションが奇跡的にあって結構話ができたり、親御さんが我が社の製品を買ってくれてたりということでいい縁があると思っています。

ま、ミナミの「ふじ井」とどっちに縁があるかといえば間違いなく「あらた」だと、そういうことですね。




「和風もつ・家庭料理 富士」 
大阪市淀川区西中島3-13-12
06-6304-4794
17:00~24:00(LO23:30) 
日・祝休

「和風もつ料理 あらた」 
大阪市淀川区西中島4-2-8-B1F
予約できませんし電話番号省略
18:00~23:00くらい 
日・祝休



スポンサーサイト

 「たったまんま」(枚方・香里園) で 香里園
2008年11月13日 (木) | 編集 |
※香里園の「たったまんま」は閉店いたしました。門真の方は・・・ちょっとよくわかりません。

「きゅーの心の旅」シリーズつながりで恐縮ですが、わたくしには「姉」みたいな存在の人がいまして、その方がママをしている立飲み屋さんが京阪・香里園駅近くにあります。

「たったまんま」という、まあ、大人のガールズバー(注:わたしが勝手にそう呼んでるだけです)みたいなそんな立飲み屋さんです。

諸事情がありてしばらくは行かなかったのですが、半年くらい前から、たまーに顔を出すようになりました。いろいろ悩み事などを聞いてもらったりしてるので・・・。

先日は3周年を迎えたということで、地元の飲み友達な姐さんとお祝いに行きました。

仕事帰りに山長梅田店に行きまして、秋鹿の純米吟醸手造限定五千本を携えての訪問です。

IMG_2776-convert.jpg
なんかすごいな・・・。

オーナーの方もこられてて、みなさんに挨拶されてました。

まずはビールをもらって、

IMG_2777-convert.jpg
おでんとか

IMG_2782-convert.jpg
ブリとかちょこちょこ食べてたんですが、「姉」に「これおいしいよ!」と言われたので、日本酒に移行。

IMG_2781-convert.jpg
香里園?

ラベルをよく見ます。・・・ほう、片野桜の山野酒造さんのプライベートブランドか!なるほど理解できました。ラベル裏によると、五百万石の精米歩合53%、酵母は9号系とのこと。
発売元は太田酒店さんとなっております。どこかのブログで最近「太田屋」さんと名前も変わって移転されたとか見たような気がするけどその酒屋さんかな・・・。

芳醇とはよく言ったものです。濃い甘旨感が好きな感じです。これが1合450円(たぶん)はまさに立飲みの醍醐味価格です。

「姉」が「あたしにも飲ませろ」というので、一杯おごります。食べ物も飲み物もとてもお安いんだから、酒もすすんでおごるべき。大人のガールズバー(注:繰り返しますが、わたしが勝手にそう呼んでるだけです)たるゆえんです。

いやほんと安いですよ。おでん・串揚げは全部100円だし、一番高いであろう食べ物のカマ焼は350円だけど店員さんにジャンケンで勝つと180円になるし。ちょっと雑然としているところは気になりますが、これが居心地の良さと思えば悪くはないかな。

IMG_2783-convert.jpg
で、もう一杯は緑川(新潟・緑川酒造)を久々に。純米です。開封したてなんでちょっと評価しにくいかな。酸が目だっていた印象は強いです。そんなに減ってないだろうから、そろそろいい感じになってるかもしれません。

IMG_2787-convert.jpg
店員さんショット。

IMG_2789-convert.jpg
あ、「姉」もちょっと写ってますね。


気になる方は、ちょっと寄ってみられてみてはいかがでしょ。



(特別企画:「姉」との日本酒ゴーアラウンド(注:10/1のイベントではありません)の模様)

IMG_2390-convert.jpg
まず「蔵朱」。今シーズン初の竹鶴の生酛です。

電話をしましたが「かむなび」「よしむら」ともども満員。なので一気に「日本酒ウサギ」へ。

IMG_2395-convert.jpg
ただ飲んでるだけでなく、「姉」はしっかりきくちゃんを観察しておりました。

IMG_2398-convert.jpg
で、補助席があいた「よしむら」へ。お酒に詳しい某兄さんが「姉」を気に入ってはりましたね。



「たったまんま」 
大阪府枚方市香里新町9-6
080-6157-3934
17:00~23:00 
日・祝休

(補足)よく拝見させていただいてるくろくろさんのブログ「あしたも飲むねん」には門真の「たったまんま」が紹介されておりますけれども、香里園が本店で、門真は暖簾分けされた店という位置付けだそうでございます。「姉」が言ってるんだから間違いない(笑)

 「酒膳ちろり」 (西中島南方) で かち鶴
2008年07月17日 (木) | 編集 |
080715IMG_1099-convert.jpg

西中島南方といえば、「和風もつ料理 あらた」が大好きなのです。
ですが、日本酒好きならここも行かないといけませんね。

080715IMG_1098-convert.jpg
「酒膳ちろり」です。

過去に一度だけ行ったことがありましたが、1人で腰を落ち着けて飲むにはちょと腰がむずむずするかなあというおぼろげな記憶だけがあります。

直接聞いたわけではありませんが、店主は「えの本」唯一のお弟子さんだとか。

突き出しの枝豆がひそかにうまかったりします。

080715IMG_1100-convert.jpg
純米大吟醸 富楼那(ふるな)袋吊り無濾過生原酒(大阪・山野酒造)。吟香はなやかで、後半から酸もきていい感じです。

080715IMG_1102-convert.jpg
お酒は150mlが基本ですが、お値段半分でハーフサイズもできます。ありがたや。

080715IMG_1103-convert.jpg
水なす。これも漬かってましたね(水なすはフレッシュな果実味を堪能したい派です)。

080715IMG_1104-convert.jpg
ここからお酒はおまかせで。
群馬泉 初しぼり純米(群馬・島岡酒造)。意外とこれに出会う率高いです。飲み口の乳酸的爽やかさからむせかえるような甘うま感とでも申しましょうか。水なすにも合いますね。

080715IMG_1109-convert.jpg
鯖スモークを。これは酒を呼びます。

080715IMG_1106-convert.jpg
袋搾り純米生原酒 かち鶴 ないしょばなし(愛媛・かち鶴酒造)。2年熟成だそうです。うまくまとまりが出てきてていいですね。これ結構好きです。

080715IMG_1113-convert.jpg
肉味噌です。朝風きゅうりとともに。

080715IMG_1110-convert.jpg
金冠黒松 協会八號酵母 純米生酒(山口・村重酒造)。ラベルからして、「え?8号酵母ってまだあるの?」と思ってしまいました。香りからして「酸い?」と思いつつ口をつけた時に感じたカラメル的甘さがすごく意外。でも、ちょっと時間を置いたらやはり酸がしっかりと感じられました。肉味噌にはばっちりです。



Yahooのクチコミ評価で雰囲気等が酷評されていたのですが、それも相性なんでしょうね。
わたしは、そんなに雰囲気悪いとは思わなかったですよ。

いやまあ、確かに店主には話しかけにくいんですけどね・・・。とりあえずスタッフのお姉ちゃんがかわいいから許す(笑)

「夫婦2人で切り盛り」的な店が好きなわたしなので、そういう意味では少し好みからずれるんですけどね。ワインなどもありますし、ここはバー的に使うのがいいんでしょうね。


「酒膳ちろり」 
大阪府大阪市淀川区西中島4-11-24 第一ユーリハイツ1F
06-6305-5903
火~土 17:30~01:00(L.O.24:00) 
日・祝 17:00~24:00(L.O.23:00) 
月休



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。