3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「ジャファンス」(梅田)で3本3セット
2014年02月22日 (土) | 編集 |
更新サボってたらどんどんストックがたまってきています(笑)

ということで、2014年1月前半訪問ですが「ジャファンス」さんを。

最近は、いつもお世話になっているヘアサロンでお店情報も聞いたりしています。
「ジャファンス」もそのうちの一つですね。

s003-IMG_1086.jpg
ヨドバシカメラの向かいにありますが、確かにありましたね、昔から。

s003-IMG_1088.jpg
エントランスから地下に降りるとすぐカウンター。距離感が近くていいなあ。
先客さんで女性のおひとりさまも日本酒飲んではります。

で、わたくしも日本酒をおまかせしますと、3種類飲み比べのようなスタイルで
出していただけました。まずは風の森が三種類。

s003-IMG_1093.jpg
食べ物はアラカルトで頼んでみました。まずは前菜盛り合わせですね。

s003-IMG_1095.jpg
日本酒2セット目は、三連星2つにるみ子の酒。

s003-IMG_1099.jpg
お魚は、鰆でしたっけ。

s003-IMG_1101.jpg
結構酔いが回ってきましたが、第3セットまで行ってみました。
玉川は24BYですが、奥鹿は19BY、美冨久は16BYとガツンとヘビー級。

s003-IMG_1108.jpg
子羊に合わせてくれたんですね。

この他にもちょこちょこ飲ませていただき、もうベロベロです(笑)
お値段もリーズナブルで、初訪問巡りがひと段落したらまた行きたいです。

この時ちょこっと聞いていましたが、今年の「上方日本酒ワールド」にも
参戦されます。楽しみですね(^_^)/
スポンサーサイト

 祝!寺田屋、北新地に復活
2013年09月08日 (日) | 編集 |
以前は都島にありましたが、立ち退きのためお店を閉められてしまった
「寺田屋」さんが、今度は北新地で営業をされるということで、
お祝いにうかがった次第でございます。

s002-IMG_2995.jpg
北新地駅近くのビルの4階にございます。

s002-IMG_2996.jpg
事前に電話していなかったら、ちょっと入りにくかったかも(笑)

やえさんもシェフも元気でいらっしゃって、とてもうれしかったです。
カウンター席、カウンターの後ろにも少し座れる空間があります。

s002-IMG_2999.jpg
先客のお客さんと流れを合わせる形で、ちょっと出しにしてもらいます。
(ストップしてほしい時には意思表示をすればそこまででお料理を
止めてくださいます)

s002-IMG_3000.jpg
中にはミートボールが入ってございます。

s002-IMG_3001.jpg
このあたりでいったんストップ。

s002-IMG_3004.jpg
持参した祝い酒や、他のお客さんからの祝い酒をいただいたりして
おりましたが、これはたぶんお店のかな。

s002-IMG_3006.jpg
最後にがっつり鴨のカスレをいただきましてお腹いっぱい。

北新地は職場から行きやすいので、また顔を出したいと思います(^_^)/


 「鮨処 多田」(北新地)は日本酒好きにもうれしいところ
2013年05月22日 (水) | 編集 |
時は2009年3月。お知り合いになった日本酒女子と「赤垣屋」「よらむ」と
はしごしたわけですが(過去の記事ご参照)、

その後、その方が「多田」さんの常連さんで、是非行きましょうという
お誘いをいただいたものの、日程調整が合わないまま結局わたしは東京へと
転勤したのでございました。その日本酒女子とも連絡が取れなくなり、
わたしの中では「多田」さん訪問の機会はないものと考えていたところで
ございました。

しかしながら、新しいご縁ありて、訪問することができたのでございます。
ありがたや…。

s002-IMG_1863.jpg
ということで、「鮨処 多田」さんです。

日本酒を頼もうとしましたら、どのような感じのがお好みかと
聞いてくださったので、きれいめのものからと委ねてみまして、
仁井田酒造のPB「田村」とか、「飛露喜」をいただいておりました。

s002-IMG_1865.jpg
そして噂のタイガース玉子焼です。この日は阪神は勝っていましたので
大将もごきげんなご様子。

でまあ、団体さんが帰られたので、他にお客さんがいなくなったタイミングで
大将がまだまだ日本酒はありますよといわんばかりにいろいろ出してきて
くれました。

s002-IMG_1869.jpg
壮観ですね…。で、気になったのは、直前にいろいろ聞いていたこいつ。

s002-IMG_1872.jpg
ソガペールエフィスの「ヌフ」、9号酵母のやつです。1~7号、9号酵母の
シリーズものの一つですね。そういう話をしていましたら、大将にやりと、
6号、7号も見せてくれました。どんだけ日本酒ストックしてんねやろ…。

s002-IMG_1879.jpg
最後は、磐城壽の「GINTAGE」。2011というのが、胸にぐっときました。



※他にお客さんがいなかったりしまして、運よくお写真を撮らせていただけることが
できました。ありがとうございます。

 「いち味」(梅田・堂山) で 日下無双
2008年12月01日 (月) | 編集 |
梅田の阪急東通りには、なかなか日本酒のある好きな店がみつかりません。

ホームグラウンドにしている焼き鳥「大千」のお姉さんに聞いてみます。

どうやらすぐ近くに日本酒のよさげな店があるようです。

IMG_2463-convert.jpg
「いち味」というおでん屋さんです。

店に入ったら、恐い系の業界のかたかもしれない人が先客にいて、マスターと話してました。

非常にどきどきします。

日本酒を頼もうと、席を立って、壁に貼っている銘柄を見てみます。

「お兄さん、そこに瓶入ってるから直接みたらよろしいで」

声の主はさきほどの恐そうなお兄さんです。優しくてほっとしました。

IMG_2464-convert.jpg
まずは獺祭 純米大吟醸50(山口・旭酒造)。総じてクリア。一杯目にはよろしいかな。

IMG_2466-convert.jpg
ぷるぷるアキレス。ぷるぷるです。

IMG_2467-convert.jpg
七ツ梅 無濾過純米(兵庫・浜福鶴銘醸)。辛口と書いてあったんですが、むしろ甘く感じたわたくしです。

IMG_2470-convert.jpg
つくねかな。

IMG_2471-convert.jpg
OH!たまご。たまご好きにはたまりません。

IMG_2472-convert.jpg
金冠黒松 日下無双80%精米協会8号酵母仕込純米(山口・村重酒造)。いやあもう、「濃い!」の一言につきます。超ヘビー。

IMG_2474-convert.jpg
カマンベール味噌田楽。これがまた濃い酒にはぴったしですわ。

帰る頃にはお客さんも入ってきて、女将さんも出動しておりました。

実はネットでみていただくとわかりますが、マスターはおなべ、女将さんはニューハーフ、店員のお姉ちゃんはレズビアンとなかなかアブノーマルなお店。

でも、美味しく飲み食いできましたから、ただの色物じゃござんせんよ。



「いち味」 
大阪市北区堂山町10-11 H&Iビル1F
06-6360-0789
18:00~04:00 
第2・4木休


 「麦太郎」(梅田・大阪駅前ビル) で 悦凱陣
2008年11月02日 (日) | 編集 |
梅田方面にはなかなか行きたい店がありません。まあ、北新地まで行けばいいだけなんですが。

そんな中、「麦太郎」は大阪駅前ビルの中にありながらも、ちゃんとした日本酒を提供してくれるありがたいお店です。

以前に行ったときには名物のおでん大根が品切れだったので、リベンジしに行った次第です。

IMG_2361-convert.jpg
一回行っただけだしビルの中なのであまり場所を覚えておらず、ぷらぷら歩いてようやく見つけました。

IMG_2362-convert.jpg
まず一杯目は大吟系にするかなと秋鹿 純米大吟醸雫酒 嘉村壱號田15BY(大阪・秋鹿酒造)。常温で。熟れた香りと甘さと最後にくる酸がよろしくて。

大吟系は80ml、他は120mlが基本のもよう。燗ですと1合になるような感じです。

IMG_2366-convert.jpg
大根ありました。

ゆるゆる飲んでますと、カウンター奥のお酒好きな方たちが「阿佐ヶ谷に善知鳥ってところがあるんやけど・・・」と善知鳥の話題をされています。丁度行ってきたばかりだったわたしは聞き耳を立てうんうん、と頷きながらまたゆるゆると飲むわけで。

手が空いた店主が、「秋鹿どうですか?」と話しかけてくださりました。初めて行ったときはもちょっと込んでてお話はできなかったのですが、お話するのは初めてです。メニューの中に関西末広会のことが書いてあったりしたので、そういう話とかも。「かむなび」「蔵朱」などにも行ってみたいんですけどねぇ、とにこにこしながら語る店主の下平さん。ほんとに日本酒が好きなんだなあこの人。

IMG_2367-convert.jpg
玉川 山廃純米ひやおろし(京都・木下酒造)。ご存知フィリップ・ハーパー杜氏が現在いる蔵です。なんでも、「麦太郎」がDDHOUSEにあった頃にまた素人であったハーパー氏がよく飲みに来ていたとか。日本酒とのいい出会いをなされましたね。飲み口の果実味が新鮮で飲みやすい系です。

IMG_2370-convert.jpg
これまた名物の豚角煮を。

IMG_2374-convert.jpg
最後は燗で、悦凱陣 讃州雄町純米無濾過生(香川・丸尾本家)。香りに含み香もよく、甘さと酸のバランスが好きでございます。飲み進めると酸が目立ってきました。角煮に合いますこれ・・・。

下平さんが竹鶴生酛入ってますよ、と言って下さりましたが、酒量的にちょっと時既に遅し(笑)


個人的には、埋没したいときか、4人くらいで飲むときには便利かなと、思ったりしました。


「麦太郎」 
大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビルB1
06-4798-7225
月~土17:00~23:20(LO22:20)
祝日17:00~23:00(LO22:00)
日休


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。