3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「酒坊主」(代々木公園)でお燗をいただく
2014年01月18日 (土) | 編集 |
昨年(2013年)の12月に東京飲み旅行に行きましたが、その時に「酒坊主」さんに初訪問
しましたので、それを書いておきましょうか。

s003-IMG_0646.jpg
夕方4時から営業ですので、大塚の「みや穂」とのダブルヘッダーを組みまして、
4時きっかりに訪問した次第です。一度お店のあるビルをとおりすぎてしまいました(笑)

s003-IMG_0648.jpg
店主の前田さんは、「にほん酒や」にいはったのですが、わたしが「にほん酒や」に
初訪問したのは、前田さんが辞められてすぐの頃。ということで初めてお会いする
わけで緊張してしまいました(^_^;) 日本酒はおまかせでお燗にしてもらいました。
で、まずは隆から。

s003-IMG_0651.jpg
どの店でもなんですが、猪口を選ばせてくれる時は、2種類選んじゃうわたしです。

s003-IMG_0653.jpg
お造り

s003-IMG_0654.jpg
ポテサラといただきまして、

s003-IMG_0655.jpg
悦凱陣オオセト21BYです。

s003-IMG_0659.jpg
ラムキーマのグラタンと燗酒。たまりませんねえ。

s003-IMG_0661.jpg
CACAO WORKSのチョコと熟成酒のセット、というメニューがあったので、
最後にそれをいただきました。チョコは小さいですがとてもビターで、
ちょっとずつ齧りながらお酒をいただきました。

s003-IMG_0668.jpg
チョコを載せているお皿がすごく気に入ったのでさわさわしていました。
裏面に作者が入れたようなマークが…。前田さんがいうには、お客さんが
これを見て、同じ作者の皿が「かむなび」にもあると言ってはったらしい。

s003-PH1_1394.jpg
ということで、前回載せました、新年の「かむなび」さん訪問時に、
最後にお茶と一緒に出してくれたこれ。あ、これか!

s003-PH1_1395.jpg
すかさず裏面を見まして、おおーっと感嘆した次第。マークの向きが逆っぽいですが。

s003-IMG_0669.jpg
帰りには、看板が明りに照らされていました。冬の日暮れは早いものです。

スポンサーサイト

 「和菓子 薫風」(千駄木)でカフェ的に昼酒
2013年10月19日 (土) | 編集 |
おはぎと日本酒を合わせるのが好きなわたくし、和菓子と日本酒を楽しむ
お店はないかと思っておりましたが、東京で昼酒できる店を探して
いたところに見つけたのがこちら「和菓子 薫風」さんです。

s002-PH1_0792.jpg
千駄木駅から近いですが、ちょっと入り組んだ場所にあるので、
少し迷う可能性もあります…。

s002-PH1_0795.jpg
お店に入りますと、よく来られているという若い男性が先客で
独り昼酒されていました。和菓子はオーソドックスなものもあり
ますが、メニューに書いてない季節ものもあるみたいです。
日本酒はお菓子に合わせてセレクトしてくださいます。

ということで、いちじくと酒粕を使った一品と、新政六號です。

s002-IMG_3478.jpg
さらに開運。

s002-IMG_3479.jpg
きんつばです。中の餡は、ゴマとオレンジ。

s002-IMG_3480.jpg
最後は月山で。


店主のつくださんは、新橋の「いしい」にもいたことがあり、阿佐ヶ谷の「おおはま」
さんともお知り合いだとわかりお話もはずみました。その中で、おおはまさんが
家庭の事情でいったんお店を閉められたのを聞き、ショックでございました(>_<)


 吉祥寺で昼酒(「ぷらっとスタンド酛」→「にほん酒や」
2013年08月03日 (土) | 編集 |
6月の東京飲み旅行の最終日は、吉祥寺で昼酒です。
メインは「にほん酒や」さんですが、開店が13時なので、それまでは
「プラットスタンド酛」さんで飲むことにしました。

s002-IMG_2324.jpg
開店前に着いちゃいました。

s002-IMG_2326.jpg
一喜

s002-IMG_2328.jpg
アジたたきで一献。

s002-IMG_2330.jpg
大倉

s002-IMG_2332.jpg
チーズコロッケ

s002-IMG_2333.jpg
穏 白麹。白麹は新政頒布会のやつをいただいた時にも感じた変態的な酸っぱさが
印象的でした。麹の特性なんですかね。お燗は自分でつけますが、聞けばおすすめの
温度も教えていただけるかと思います。

s002-IMG_2337.jpg
ということで、「にほん酒や」へ。13時きっかりに行きましたが、もうお客さんが
何人かいました(笑)

s002-IMG_2338.jpg
宗玄の八反錦。そういえば、前日に玉さんところでも出てきたような。

s002-IMG_2340.jpg
つきだしです。

s002-IMG_2344.jpg
酒肴三点盛り。アカゼモロ鯵がめちゃうまです。

s002-IMG_2345.jpg
飛行機の時間も気にしつつ、もう一杯だけお燗で。十旭日です。

s002-IMG_2349.jpg
シャモロックのレバーブリュレは、おひとり様なのでハーフサイズで。

s002-IMG_2351(浦里)
〆にさっぱりと浦里を食べました。


大阪に帰ってからは、「ロシュタン」に寄って、今回の飲み旅行も無事終了とあいなりました。

 「ら すとらあだ」(中野坂上)でゆるゆる昼酒
2013年07月27日 (土) | 編集 |
6月の東京旅行のお話の続き。

2日目の昼は、カンザワさんの書き込みを見ていきたいと思っていた
「ら すとらあだ」での昼酒です。

s002-IMG_2253.jpg
看板も何もありません。お家です。目印はこちら。

開店を待っている間に、「お蕎麦屋さんはこちらですか?」と聞かれました。
その方も並ばれましたが、予約なしだったので入れず…。今度は予約を!
中に入りましたら、中もお家です。カウンターは3席で、後は床に座るテーブル席。

s002-IMG_2254.jpg
お酒はおまかせしました。まずは冷たいものから悦凱陣のオオセト。
お酒は半分サイズでいただけるので、うれしいです。

s002-IMG_2257.jpg
すぐにできるものの中から、できたてのお豆腐をお塩で。

s002-IMG_2258.jpg
奥播磨~

s002-IMG_2262.jpg
お味噌に思えないお味噌。焼きビシソワーズみたいな。

s002-IMG_2263.jpg
ここからお燗で、まずは天穏。

s002-IMG_2267.jpg
キノコのスープといただきます。

s002-IMG_2269.jpg
十旭日も飲んじゃえ!(夜も飲むのについつい酒が進んでしまいました)

s002-IMG_2274.jpg
締めにお蕎麦ですね。三種類のお蕎麦が出てきます。これは最後に出てきた太いやつ。
お蕎麦を塩で食べる提案をしてくれるお蕎麦屋さんは少ないと思うのですが、
こちらはお塩での提案をされていたので、とても好きです。

ゆるゆる昼酒を楽しみまして、夜は中井で飲みまくりの一日でした。


 「29Rotie(ニッキュー・ロティ)」(大塚)で生ハムとお燗
2013年07月20日 (土) | 編集 |
2013年6月の東京飲み旅行での初訪問の店を書くことにします。
今回は、大塚の「29Rotie(ニッキュー・ロティ)」さんです。

わたくしが大阪に戻ってからこのような魅惑のお店ができるなんて…。
大塚うらやましいですね。

s002-IMG_2210.jpg
丸の内線の新大塚駅からてくてく歩いていきましたが、地図アプリなしでは
スムーズに行ける自信がありません(笑)。

開店時間になるまでは入らない主義ですので、時計を見つつ待っており
ましたら、大人なファミリーがお店に入っていきました…。しゃあない、
ならばとわたしもお店に入ります。

s002-IMG_2212.jpg
開店時訪問→店主と話すというのが狙いでしたがその目論見は早くも
崩れ去りました。日本酒はおまかせ。天明をいただきました。

s002-IMG_2215.jpg
メニューには、3種類で1000円という小皿ものがそこそこ書いてありました
ので、独り酒には便利かと思います。わたしがチョイスしたのは、
サメと鶏の軟骨梅和えと、

s002-IMG_2223.jpg
チーズオムレツと、

s002-IMG_2224.jpg
アンチョビオリーブです。

s002-IMG_2221.jpg
ここにきたら生ハムとお燗はいただかないとねー、ということで
生ハムを2種盛にしていただきました。

サンダニエーレとグアンチャーレです。お燗は綾花。

この後、みや穂さんに行くので、今回は軽めに。
また今度じっくり飲んでみたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。