3年間の東京生活を経て、大阪へ戻って参りました。居酒屋等、日本酒を楽しんだ記録です。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 『Meets』巡礼企画(11月上旬)
2014年12月08日 (月) | 編集 |
それは、11月初め。一冊の雑誌から始まった…。

s005-PH1_2342.jpg
「関西日本酒ライフ。」…。

これはわたしに対する挑戦だな! ((c)鳥坂先輩)

ということで、Meets2014年12月号企画、49箇所巡礼の長く苦しい旅が
始まったのです。

っていうかさあ、西国三十三カ所も新西国三十三カ所も坂東三十三箇所も
全国一の宮も、全部完遂していないわたしが巡礼できるんかって、
自己ツッコミですわ。

でも、やらねばならぬ。挑戦を受けたからにはやらねばならぬのだ!(被害妄想)

s005-IMG_2338.jpg
ということで、京都でものすごく並んで鳥獣戯画を見た後に、栄えある1店目に訪問。
32番札所・京都五条の「にこみ屋六軒」です。初訪問。

s005-IMG_2340.jpg
日本酒おまかせしましたところ、田中六五です。

s005-IMG_2342.jpg
やっぱり煮込み食べないとね。

s005-IMG_2345.jpg
お燗は出雲富士とメモしています。ケサディージャの中がゴルゴンゾーラなので、
好きな組み合わせになりました。

s005-IMG_2350.jpg
日を改めて2店目。昼酒で41番札所「蕎麦料理はやうち」です。初訪問。

s005-IMG_2353.jpg
日本酒はおまかせしたら南が出ました。

s005-IMG_2356.jpg
鴨ロースおいしい。

お蕎麦は写真のピントがぶれぶれで割愛。

ふくよかな女性店員さんの気持ち良い接客がよかったですね。


s005-IMG_2387.jpg
またまた別の日。3店目でホームの「よしむら」さんへ(8番札所)。

s005-IMG_2388.jpg
s005-IMG_2390.jpg
s005-IMG_2391.jpg
s005-IMG_2394.jpg
s005-IMG_2397.jpg
s005-IMG_2401.jpg
s005-IMG_2403.jpg
s005-IMG_2406.jpg
s005-IMG_2407.jpg
s005-IMG_2410.jpg
s005-IMG_2411.jpg
s005-IMG_2413.jpg
いやあもう、ホームだけあって居心地ええです。何も申すことはなし。
ちなみにこれ、一人で飲み食いですからね(笑)
巡礼ハンコ押してもらったの、第一号だそうです。

とまあ、こんな感じでしばらくはネタに困りません。乞うご期待!


スポンサーサイト

 「にほん酒食堂 しずく」(高倉二条)でリラックスのお時間
2014年09月23日 (火) | 編集 |
気が付けばまた2か月ほど間があきました(笑)

本当は、「若水」と並びで書きたかったくらいなんですが、ご容赦をば。

ということで、本日は「にほん酒食堂 しずく」さんのもようを。

s005-IMG_0240.jpg
開店からあまり日のない時に行った写真ですね。店前にお花も残っています。
ななめ向かいには燗酒の聖地「ごとし」さんがありますよ。

s005-IMG_1666.jpg
つきだしは、小さい重箱に入って出てきます。

s005-IMG_1667.jpg
おばんざいもいろいろあります。これは七種盛りですね。

s005-IMG_0253.jpg
お刺身もありますし、

s005-IMG_1675.jpg
こういった、お酒の友のようなものもあって、和の方向から飲みたい人もばっちしです。

s005-IMG_1677.jpg
三千櫻好きなんですが、なかなか置いてはる店がないので、とてもうれしいです。

s005-PH1_1963.jpg
生ハム盛り合わせです。常温やお燗でいただくと、脂が溶けてきてまたいい味わいです。

s005-PH1_2192.jpg
鹿、好きなんですよねー。

しずくさんのどこが好きかというと、やっぱし店主の吉川さんですねー。
おしゃれにしてはりますのも素敵ですし、提案される日本酒に安心して
乗って行けます。僕の中では「居酒屋おふろ」の相良さんとちょっとかぶる
イメージがあって(あちらもどちらかというとお食事は洋な感じですね)、
好きなんですね。


 「莉玖」(京町堀)で若い力をいただく
2014年07月21日 (月) | 編集 |
またもや、雑誌でみたお店に行ってみようということで、京町堀の「莉玖」さんへ
行ってみた次第です。「Meets」には日本酒の写真も載ってて、大丈夫だろうと(^_^)

s005-IMG_0513.jpg
靱公園の北側にあります。近くには「日本酒のめるとこ」の肥後橋店もありました。

s005-IMG_0516.jpg
日本酒はお任せしてみます。まずは長陽福娘。

s005-IMG_0518.jpg
突出しの一品ですが、このカボチャがつややかな舌触りでセクシーでした。

s005-IMG_0520.jpg
陸奥八仙の火入れ

s005-IMG_0523.jpg
お造りを盛り合わせで。大アナゴの焼き霜など。

s005-IMG_0525.jpg
開運

s005-IMG_0527.jpg
鱧と冬瓜のお椀。きれいなお出汁の味がわたし好みでございました。

s005-IMG_0532.jpg
仔羊西京焼と七本槍のお燗。お肉とお燗はやっぱり好きな組み合わせ。

s005-IMG_0534.jpg
きずしの黄身酢和えでしたかな。

s005-IMG_0536.jpg
亀の甲、精米歩合22%です。というのも、最後にお刺身食べたんで。

s005-IMG_0538.jpg
大アナゴの焼き霜が気に入ったので、がっつりいっちゃいました(^_^;)

店主の山口さんもお若いし、スタッフもみなお若いので、若い方が行きやすい
んじゃないかと思います。わたしは今回は食べたいものを頼んでいきました
が、お任せでリーズナブルにも和食がいただけそうなので、次回はお任せに
単品追加のような感じでやってみたいと思います。





 「若水」(京都・鞍馬口)で十旭日三昧
2014年07月12日 (土) | 編集 |
気が向いたとき更新の弱小ブログ「関西日本酒事情。」にお越しいただきいつもありがとうございます。
もっと日本酒を取り巻く事情にお詳しい方々はたくさんおられますので、細々とやらさせていただいて
おります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

ということで、2014年5月下旬に訪問した「若水」さんを今頃書いているわけですが。

また行きたいなあ、と思って書いています。

s005-IMG_3001.jpg
近くの神社でご朱印もらいましてから、お店にうかがった次第です。

s005-IMG_3005.jpg
こちらは「十旭日」「丹沢山」「竹生嶋」といった銘柄を深く掘り下げていただけるということで、
「あまから手帖」みまして即はせ参じたような感じでございました。「十旭日」好きとしては、
今回はオール「十旭日」で攻めたわけです。

s005-IMG_3010.jpg
スタートに酒の肴6種盛からいただきます。店主の作石さん、老婦人グループのお弁当を作り
ながらもこちらにもひとつずつ供してくださいました。

s005-IMG_3014.jpg
この納豆がまた酒が進みます。

s005-PH1_1801.jpg
こんな感じで(笑)

s005-IMG_3018.jpg
ちょこっとだけお寿司も出てきたので、うれしいです。

s005-IMG_3020.jpg
お魚がおいしかったので、お造り盛り合わせもいっちゃいました。

s005-IMG_3026.jpg
「あまから手帖」を見て、いいなあと思ったのがこの器ですね。

s005-PH1_1805.jpg
だんだんがっつりな感じで。

s005-IMG_3032.jpg
お酒もヘビーにいきます。

s005-PH1_1808.jpg
濃いものは濃いもので合わせて、と。

s005-IMG_3037.jpg
粕汁がメニューにあったので、〆にそれをいただきました。

非常に独特の空気感(ほわほわ~、という感じ)をもった作石さんでした。また癒されに行こう。

 きゅーさん春の燗まつり
2014年05月18日 (日) | 編集 |
(注:一部脚色された部分がございます)
5月になってようやく2014年初の東京行きができましてね、先日のdancyu日本酒
特集にインスパイアされまして「きゅーさん春の燗まつり」と銘打って飲むことにし
たわけでございます。

s003-IMG_2467.jpg
ということで、羽根屋うまー!

s003-IMG_2471.jpg
中野坂上に宿をとりましたので、「ら すとらあだ」に行くのが便利です。

s003-IMG_2472.jpg
暑かったので、まずはMiyama Blondeで。美山錦も入っているビールです。

s003-IMG_2476.jpg
自家製豆腐などをつまみながら、ウォーミングアップしていきます(笑)

s003-IMG_2477.jpg
ムフフ(アントン風に)。

s003-IMG_2482.jpg
器が好みだったのでパチリと。水面にラベルがかすかに映っていますね。七郎兵衛
の特別純米でした。これは冷たいのでいただきました。

s003-IMG_2491.jpg
大地を常温でいただいた後に、益荒猛男をお燗で。

s003-IMG_2496.jpg
きのこのポタージュとともにいただきました。

s003-IMG_2505.jpg
おそばも美味しかったです(^_^)

s003-IMG_2566.jpg
初日の夜は~京成曳舟の「ごでんや」さんへ~
dancyu日本酒特集、お燗でがっつり取り上げられていましたので、行ってみなくてはと。

まあ実は、昼酒の後、まだ宿がチェックインの時間ではなかったので、
「ら すとらあだ」→稲荷町から徒歩でいつものように秋葉神社に行きシュタゲに
思いをはせる→浅草まで歩く→さらに東京スカイツリーまで歩く→京成押上から
曳舟へ→無性に眠いが駅が工事中でベンチがない→仕方がないので「ごでんや」
さんの近くのバス停のベンチに座りつつ仮眠

とダメ人間まっしぐらな時間待ちをしておりました…。

s003-IMG_2574.jpg
メニューをみて驚きましたが、提供する温度もしっかり書いてじゃるんですね。
常温くらいの温度帯のものもすべて。ということで、これは宮崎県産マンゴーの
前菜に、長珍純米生ささにごり 25BY 16℃ です。

s003-IMG_2575.jpg
稚鮎のコンフィと宗玄

s003-IMG_2583.jpg
阿波尾鶏の酒蒸し・ピータンと山椒のソース仕立て
これには天遊琳の純米吟醸13BYを48℃で。

マリアージュ4組→リセット的にジェラート→マリアージュ4組 と日本酒を8種類
いただくことになりますので、結構飲むことになります。わたしは最後に熟成チーズ
とお燗を追加しておりましたが(笑)

この日は、カウンターのお隣に来てはった2人組のうち、女性の方が非常に日本酒
にお詳しく、店主によく話しかけておられまして、こういうときはわたしはおとなしく
埋没して飲んでいたわけでございます(だいたいイメージわくかと思います(笑))。

s003-IMG_2617.jpg
2日目の昼酒は、dancyuで「ごでんや」の五嶋さんと並んで載っておりました
麻里絵さん目当てに「日本酒スタンド 酛」さんへ。

東京在住時に一度行ったことはあるんですけどね。まあでもほとんど一見さんです(笑)

s003-IMG_2629.jpg
上亀元となめろうをお燗でいただいた後ですね。
やはりピザと燗酒いっとかないと、ということでこうなりました。忘れましたが
たぶんうすいえんどう豆のピュレが下に塗ってあるピザ。んで白玉香のお燗。

s003-IMG_2633.jpg
ロティ29に行かない分生ハムもいっとかないとなあと、生ハムに金鼓のお燗。

この日は、お燗は奥でやってはりましたので、dancyuに写ってました、香りで
判別する仕草とかが見られませんで(^_^;) 今度は是非見てみたいです(^_^)

s003-IMG_2648.jpg
昼飯を食って宿で仮眠して、夜は玉寿司。

s003-IMG_2660.jpg
最近は、2種類ずつお酒を出して飲み比べるような感じでわたくし飲んでます。

s003-IMG_2662.jpg
この日は村さんのボラ、スズキといただきました。

s003-IMG_2663.jpg
あとクジラですね。

s003-IMG_2672.jpg
春の燗まつりなのを忘れてた、ということで北島のお燗。

s003-IMG_2677.jpg
この日には幸運にも玉子焼きにありつけました。

弱小ブログだし…、写真載せちゃってもいいよね(^_^;)

s003-IMG_2681.jpg
玉子焼きと、凱陣…。この組み合わせは、どこかで…どこかで……
中川…天満宮……














はっ!

s003-IMG_2700.jpg
気が付くとわたしは大阪天満宮に。

s003-IMG_2704.jpg
どぶ燗~

s003-IMG_2707.jpg
川亀の燗~

s003-IMG_2708.jpg
おっ!羽根屋じゃん! (振り出しに戻る)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。